2017年02月18日

Salentoのべジ・レストラン「El punto vegetal」

この記事は2016年11月1日〜12月18日まで、私達が南米アンデス諸国を食べ歩いた時のことを後から記事にしたものです。

12月5日(火)、ボゴタから270qの距離を長距離バスで10時間以上かけて移動してきた私たち。
途中アルメニアのバスターミナルで小さいバスに乗り換えて、遥々やって来たコーヒー生産地の真ん中にある田舎町の「サレント」。
到着が午後7時半を過ぎていたので、まずは宿を決め、おなかすいたので、事前に調べておいたベジタリアン・レストランへ行ってみました。
小さい屋台のようなお店のレストラン「El punto vegetal」はまだ開いていました。
あ~~良かった!!。
ではさっそく、おなかすいたし何か食べましょうね。

IMG_1396.JPG
まずはコロンビアに来て以来、はまっているお茶「テ・アロマティカ」。
お茶はティーバッグだったけれど、果物がたくさん入っています。

IMG_1398.JPG
これは言わずと知れたイスラエル料理の「ファラフェル」。
はらへる時にどうぞ・・・なんちゃって。(笑)
ひよこ豆のコロッケを、タコスのような皮で包んだものです。

IMG_1399.JPG
こちらは「Wrap Thai」、タイ料理のラップサンドです。
なんだかアジアンチックな料理ですね。

IMG_1400.JPG
前の写真だと中がわからないので、開いたところの写真です。
これでも分かりづらいですが・・・(笑)
サラダやら炒め野菜やらたくさん具が入っていますよ。

IMG_1402.JPG
お店のおばちゃんと支配人。
おいしかったです〜〜。
また明日も行きますからね。

IMG_1403.JPG
田舎ですから、夜も8時を過ぎるとまるで深夜のように静かです。
そしてこの町、とても治安が良いので滞在する観光客が多いとか。
治安面の心配があるコロンビアならではのホットスポットなんですね。
posted by 料理長 at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016年アンデス食べ歩き
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178812000
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック