2017年02月26日

再びべジ・レストラン「El punto vegetal」

この記事は2016年11月1日〜12月18日まで、私達が南米アンデス諸国を食べ歩いた時のことを後から記事にしたものです。

12月6日(火)、オーガニック・コーヒー農園見学を終えて、登り坂をだらだら登ってサレントの町に向かっていると、途中で荷台の付いたジープが止まってくれました。
その荷台に揺られて楽ちんな思いをしてサレントの町に戻ってきた私たち。
いやぁ~~、楽させてもらっちゃいました。
ジープのご夫妻、ありがとうございます。
ということで、時間はランチの時間です。
でも帰りが楽だったから、あまりお腹すいていません。
だって朝食が巨大パンケーキだったしね。(笑)
ということで、軽めのメニューを食べようと、前日の夜に行ったベジタリアン・レストラン「El punto vegetal」へ足が向く私たち。

IMG_1606.JPG
お店のメニュー、英語で書いてあるんですよ。
私はあまり英語得意じゃないので、スペイン語にしてほしいです。(笑)
でも観光客が多い証拠ですね。
これはランチのセットメニューだから、ボリューム多そう!!。
なので今回は、アラカルトを頼みました。

IMG_1607.JPG
まずはスパイスが利いたポテトスープ。
玉ねぎが入っています。
しかしこれも結構大盛り!!(笑)
後ろにアボカドが豪快に添えられています。

IMG_1609.JPG
ジュースは2種類頼みました。
もちろん砂糖抜きです。
同じように見えますが、右がコロンビア独特の「ルロ」というフルーツのジュース、左がパイナップルジュースです。
どちらもおいしい!!。

IMG_1612.JPG
メインディッシュのプレートです。
ひょうたん型の器の右は、レンズ豆の煮もの。これは支配人が大好きです。
そしてその左は色々入ったサラダ。
ご飯はマッシュルーム入り玄米ご飯、四角い3つあるのは、キャッサバ芋のフレンチフライ。
その横の丸いのは、「パタコン」と言う加熱用バナナを一度油で揚げて潰してからもう一度揚げたコロンビア独特の料理。
もうバナナは飽きてしまっているけれど、なぜかこの「パタコン」だけはまだまだいける私です。(笑)
なんだか忘れられない味のパタコン、帰国した今、また食べたくなっています。
でも揚げバナナは要らないですよ。(^^)/
しかしこれでも量が多く、残してしまってテイクアウトさせてもらいました。
したがって、私たちの夕食は、宿で朝のパンケーキの残りと、このプレートの残りをいただくことに。
節約できるなぁ、って、本当はちゃんとしたものを食べたいんですけどね。(笑)

IMG_1613.JPG
サレント最後のレストランになると思うので、お店のおばちゃんと記念写真を撮りました。
夜は一人だったけれど、昼は二人体制でみたいですね。
posted by 料理長 at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016年アンデス食べ歩き
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178913368
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック