2017年03月02日

夕食は懐かしいベジ・レストラン「Nativo」で

この記事は2016年11月1日〜12月18日まで、私達が南米アンデス諸国を食べ歩いた時のことを後から記事にしたものです。

12月9日(金)、メデジンから予想をはるかに上回る時間をかけて、首都のボゴタまで戻ってきた私たち。
なんだか疲れ果ててしまいました。
宿に着いたのはもう午後9時を回った頃ですからね。
こんなに遅い時間にやっているベジタリアン・レストラン、実は宿から歩いて1分もかからないところにあるんですよ。
コロンビア小旅行に出る前に、ボゴタ滞在の時に2回行ったレストラン「Nativo」です。
ベジタリアン・レストランが夜は早めに閉まるところが多い中、このお店はなんと!!夜の10時までやっているので、とてもありがたい存在です。

IMG_1945.JPG
おなかすいたし、宿からベジタリアン・レストラン「Nativo」へと急ぎます。
急ぐといっても1分くらいで行けるんですけどね。(笑)
明かりが灯っていて、お店はやっていました。
あ〜〜うれしい!!。(^^♪メロディ♪♬~♫!

IMG_1947.JPG
お店の中の壁のおペイントです。

IMG_1950.JPG
まずはミントティー。

IMG_1951.JPG
お店のおばちゃん、実はもうお店を閉める準備をしていたんですよ。
だからね、急いでパスタ作るから、それでいい?。と聞かれました。
はいはい、もちろんですよ、食べられるだけでありがたい私たち。
べジ・ナポリタンです。

IMG_1952.JPG
にっこりの支配人。
おそめの夕食だけど、急いで作ってくれたおばちゃんに感謝です。
とても心に沁みておいしいです。
posted by 料理長 at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016年アンデス食べ歩き
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178954717
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック