2017年03月04日

コロンビア最後の夕食

この記事は2016年11月1日〜12月18日まで、私達が南米アンデス諸国を食べ歩いた時のことを後から記事にしたものです。

12月10日(土)、私たちはコロンビア最後の夕食を食べました。
翌日はペルーの首都のリマまで、飛行機で移動します。
なんと!!直行バスもあるのですが、三日くらいかかるらしい( ゚Д゚)。
だってコロンビアの中は例の渋滞と山岳路線ノロノロ運転ですからね。
飛行機はなんといっても渋滞ないし。(笑)

ということで、ランチがコース料理でたくさん食べたので、夕食はボゴタ滞在中に何回も行ったベジタリアン・レストラン「Nativo」へと足が向く私たち。
何しろ宿から歩いて2分の近さですからね。

IMG_2027.JPG
まずはサラダから。
「Ensalasa zion」というのを選びました。
上にちりばめてあるのはヒマワリの種かと思いましたが、実は違っていて、なんと!!「煎り大豆」。
粒が小さめの大豆なので、シリアルのような感じですね。
でもなんだか懐かしい味でしたよ。
そしてドレッシングが「パッションフルーツ」。
酸味と香りがとても爽やかです。

IMG_2028.JPG
そしてコロンビア滞在中、いやというほど食べたバナナを使った「パタコン」。
これは「オガオ」というトマトソースを乗せた「Patacones con Hogao」。
このお店のパタコンは、かりっと揚がっていて、とてもおいしいです。
バナナはもう飽きたけれど、このお店のパタコンは歓迎ですから。(笑)

IMG_2029.JPG
なんだかうれしそうな支配人。
治安が悪く、初めてで慣れないコロンビアは明日の朝までですからね。
慣れ親しんだペルーが待っています。

IMG_2031.JPG
飲み物はもちろん「テ・アロマティカ」。
これは私たちがコロンビアではまってしまったお茶です。

IMG_2034.JPG
クッキングしているお店のおばちゃん。
もう5回目だから、すっかり私たちは顔見知りです。
「明日の朝コロンビアを出国するよ」という私たち。
それは寂しいね・・・とおばちゃん。

IMG_2033.JPG
またおいで・・・とおばちゃんが言いました。
はい、また来ますよ・・・と支配人。
なんだか名残惜しいコロンビア滞在です。
posted by 料理長 at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016年アンデス食べ歩き
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178986845
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック