2017年03月05日

リマのチョコレート博物館

この記事は2016年11月1日〜12月18日まで、私達が南米アンデス諸国を食べ歩いた時のことを後から記事にしたものです。

12月12日(月)、リマの美食レストラン「Marabar」で満足のお昼ご飯を食べた私たち。
そのままリマの新市街、「ミラ・フローレス」までそぞろ歩きをしました。
お腹いっぱいだしね。(笑)
そこで通りがかりに気になるお店を発見!!。
「Choco museo」、チョコレート博物館という名前のお店です。
さっそく入ってみる私たち。

IMG_2110.JPG
小さいお店ですが、入り口のショーケースが目に留まりました。
オーガニックチョコレートやチョコレートづくりに使う道具のミニチュアなどが展示してありました。

IMG_2111.JPG
お店に入ると、カカオ豆が産地別に並んでいます。
一目見ただけでは豆に違いは分かりません。
食べて見なくっちゃね・・・
というわけで、売っているチョコレートを物色する私たち。(笑)

IMG_2112.JPG
「博物館」と銘打ってあるだけあって、カカオの収穫の様子とか、チョコレートの製造工程のビデオが流されていました。

IMG_2113.JPG
カカオ豆の世界地図。
赤道の近くの一帯でしか採れないという展示もあり、なかなか興味深いものがありました。

IMG_2114.JPG
お店のキッチンの中では、チョコレートづくりのワークショップをやっていました。
事前に知っていれば参加したかったです。

IMG_2120.JPG
そして今回びっくりするおいしさのお茶と出会いました。
その名も「Te de cacao」、カカオ茶です。
カカオ豆の殻をお茶にしたものです。
紅茶用の使い回しができる金属製のティーバッグの中に、カカオ豆の殻を入れてお湯を注ぎます。

IMG_2122.JPG
しばらくすると濃くなってくるので、ティーバッグを引き上げて中のお茶を飲むのですが、そのお茶がなんと!!、香りがチョコレートそのもの。
もちろん甘くなく、苦いです。
だけどチョコレート!!。
なんとも不思議なカカオ茶の初体験でしたよ。
実はこのお茶、少しだけ買って日本に持ち帰りました。
もっとたくさん買ってくればよかったと今頃後悔しています。
爆買いしたかったなぁ〜〜(笑)、軽いし。

IMG_2124.JPG
お店の中にはカカオの木の模型までドーンと置いてありますよ。

IMG_2125.JPG
ここで扱うカカオは全てオーガニックだそうです。
素晴らしい!!。
もちろんチョコレートもオーガニック。
ビーガン仕様のミルクなどが入っていないものをいくつか買い求めちゃいました。
これも爆買いしたかったです。(笑)
しかし、「博物館」とかいう名前だけれど、一般のカカオに特化したお店なんですね。
ペルー国内にもいくつか支店があるみたいですよ。
posted by 料理長 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016年アンデス食べ歩き
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178997494
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック