2017年03月16日

究極のイチゴジャム作り

昨日はまたまた究極の加工品を手作りしました。
何を作ったかと言うと、みんなが大好きな「イチゴジャム」。
苺は愛知県で「無農薬・無施肥」の自然農法で作られたものを使い、甘味料はオーガニック麦芽と自然農法のササニシキを使ってタンボ・ロッジで手作りしている米飴だけを使い、とろみ付けはペクチンなどの添加物を使わずに、吉野の本葛粉を使いました。
原材料はそれだけです。
シンプルだけど、とても優しい甘さですよ。

IMG_2912.JPG
すごい苺の量!!。
全部で8sもあります。
冷凍で少しずつ収穫したものを溜めてもらい、それを一気に送ってもらいました。
そこへ手作りの米飴を投入します。
一鍋ではできないので、3つに分けて作ります。
数日前のコチュジャン作りと言い、今回のイチゴジャム作りと言い、たくさんの米飴を使うので、実は連日米飴作りに追われていました。(笑)
それも昨日で一段落で、ほっとしています。!(^^)!

IMG_2917.JPG
煮立ってきたら、丁寧に灰汁をすくい取り、果汁を少し取ってそれを冷ましておきます。
冷えた果汁に葛粉を入れ、よく溶かしてから煮詰まってきた苺の鍋に入れてとろみをつけます。

IMG_2920.JPG
出来上がりました。
熱湯消毒した瓶に詰めて、「脱気殺菌」をして完成です。

IMG_2929.JPG
結構たくさんできましたよ〜〜。
これで1年分の究極のイチゴジャムが確保されました。
タンボ・ロッジのスイーツに、はたまた朝食のパンに付けるジャムとして活躍してくれるでしょう。
posted by 料理長 at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179108715
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック