2017年05月10日

山ウドが採れ始めました。

いよいよ本格的な山菜の季節突入です。
まずはとてもおいしい山ウド!!。
山ウドは収穫後、すぐに調理しないと灰汁がどんどん出てきて苦くなるのですが、そこは地の利、収穫してすぐに調理すると、灰汁が少なくとてもおいしいです。
なので、今日のタンボ・ロッジの夕食の前菜は、「山ウドのエスカベッチェ」。
ペルー風の南蛮漬けです。
収穫地でないと食べられない特別な味に感動!!。
春の味覚、とてもありがたいです。

IMG_3268.JPG
めきめき地面から顔を出す山ウドたち。
みるみる成長していきます。

IMG_3278.JPG
山ウドのエスカベッチェ。
ペルー風の南蛮漬けです。
クミンと辛くない自家製コチュジャンとお酢を使いっています。
米粉の衣で天婦羅にしてから漬け込みました。
posted by 料理長 at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179705689
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック