2017年06月25日

森と水をめぐる食の旅 〜南会津・とうめいなたべものをさがして〜

昨日から今日にかけては、「菓子工房ハルディン」さん主催、タンボ・ロッジ後援の行事、「森と水をめぐる食の旅 〜南会津・とうめいなたべものをさがして〜」が、タンボ・ロッジを会場に、1泊2日で開催されました。
タンボ・ロッジのある南会津町はとても環境の良いところです。
特にタンボ・ロッジの立地する場所は水質抜群!!。
太平洋側と日本海側を分ける「分水嶺」のすぐ傍の日本海側に属し、水源地の上流には人家など人工的なものが何もなく、最高のお水が使えるというとても恵まれた環境です。
水が良い所では、空気ももちろん抜群に澄んでいます。
そんな環境をテーマに、「水、空気、食」を堪能しようという初めての試みは、タンボ・ロッジと、タンボ・ロッジに近い所にある「菓子工房ハルディン」さんとの初めてのコラボです。
参加された方たちは、環境と食の良さを体感されたのではないでしょうか。

IMG_3710.JPG
私はアンデス・マクロビオティック料理のディナーを作るのと、それを盛り付けてお出しするのに追われていて、料理の写真はありません。(笑)
料理の後のビーガン・スイーツから参戦です。!!
実はこの日とその前後にお誕生日の方が3人もいらっしゃったので、3人まとめてのお誕生日ケーキを作らせていただきました。
米粉スポンジで作る、「サンセバスチャン」という、市松模様のケーキです。
まず一人目は「西本さん」。
おとぼけをかませながらも良い笑顔!!。(笑)

IMG_3713.JPG
二人目はなんと!!、遠く山口県からお母さんと一緒に来られた「藤木ちゃん」。
うれしそうですね。

IMG_3715.JPG
3人目は栃木県から、「早乙女さん」。
皆さん良い笑顔ですね。
この米粉のケーキはこの日のために、同じ南会津郡の下郷町で、「ササシグレ」という、「ササニシキ」の親に当たる品種の米を、やはり分水嶺からの湧水を使って古くから自然農法で作っている室井さんが天日干しで乾燥させた特別なお米を前の日にタンボ・ロッジで自家製粉して作りました。

IMG_3717.JPG
ホールを見ているだけだと、ごく普通のチョコレートケーキのようですが、切ってみると断面がどこから切っても市松模様に。
組み立てが複雑でやや手間がかかりますが、とてもインパクトがあるケーキです。

IMG_3719.JPG
そしてこの日の夜もいろいろと話で盛り上がりました。
泊まりの行事の良いところですね。

IMG_3723.JPG
翌朝は、8時から通常のタンボ・ロッジの朝食をして、食後にお腹もこなれたところで、タンボ・ロッジから歩いてそう遠くない「水源地」まで、南会津の自然と楽しみながらのお散歩です。
さわやかな空気と心地よい川のせせらぎにとても癒されます。

IMG_3729.JPG
水源地到着です。
せっかくここまで来たのだから、みんなで写真を撮りましょうね。
はい、チーズ!!。
とてもリラックスしていますね、皆さん。

IMG_3730.JPG
散歩から帰り、今度は「菓子工房ハルディン」さん担当の、軽めのランチとデザートの時間です。
タンボ・ロッジの厨房でせっせと仕上げをする「菓子工房ハルディン」の多田さんとお手伝いの支配人。
私はお休みの時間です。(笑)
ランチもスイーツも楽しみ!!。

IMG_3731.JPG
「菓子工房ハルディン」さんのランチです。
湧水で育てた「ササシグレ」と、同じ場所で作られた自然農法の赤米を炊いたご飯がセットされています。
他の野菜たちもすべて自然農法で作られたものばかりです。

IMG_3736.JPG
さて、お楽しみの「菓子工房ハルディン」さんの生ケーキ(ムースケーキ)です。
おやつ定期便ではなかなか生ケーキは送れないので、これはこの会に参加した人たちの「特典」です。
飾りつけも食べられる香りの良いお花を使い、今回のテーマの「水」を意識して、水滴が乗っているようなデコレーションで、すごく美しいです。

IMG_3739.JPG
そしてもう一つは、今月の「おやつ定期便」にも入っていた「ジューンベリーのパイ」です。
自宅で採れたジューンベリーを使い、とてもおいしく仕上がっていましたよ。

今回は遠くより、この会にたくさんの方が参加してくださいました。
参加された皆様、遠くよりのご参加をありがとうございます。
なんと、山口と岡山からも参加され、私たちもびっくりしました。
本当にありがとうございます。
posted by 料理長 at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの行事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180157781
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック