2017年06月26日

花の田代山へ登る(2)

今日は、なんと先週に登ったばかりの「田代山」に再び登りました。
一昨日、昨日とタンボ・ロッジを会場にした行事の「森と水をめぐる食の旅 〜南会津・とうめいなたべものをさがして〜」の打ち上げと称して、コラボした「お菓子工房ハルディン」の店主の多田さんと、私たちの3人で登ったんです。
というのも、先週があまりにも高山植物が花盛りて美しかったので、もう一度見たくなったからなんですよ。
それに先週は筋肉痛もなく登れたので、私はとっても気をよくしていたからなんです!!。
そして今日は天気は快晴ではないけれど、雨にも合わず、程よく展望も見られ、霧がかかる幻想的な風景も見られ、とても満足な山行きでした。

IMG_3750.JPG
水にかかわる行事の後だけに、田代山のふもとの水場でお水の味見!!。
タンボ・ロッジの水源とまた違う味ですよ〜〜。
この水を持って山頂を目指します。

IMG_3756.JPG
真っ赤な美しい花をつけた木々に迎えられました。
この花はあちらこちらで見ることができました。
先週はなかったような気が・・・。

IMG_3759.JPG
登山道の足元には、こんな小さな花も・・・。
正に花に囲まれての登山です。

IMG_3762.JPG
さて、どんどん山は深くなり、ついに「怪獣保護区」にやって来ました。
早くゴジラが見たいという多田さん。(笑)
なんちゃって・・・これは冗談です。
正しくは「鳥獣保護区」でした。(#^^#)

IMG_3764.JPG
まだ「ウワミズザクラ」の花が咲いています。
タンボ・ロッジの庭に咲いたのは5月の終わりころだから、ほぼ一か月遅れですね、ここは。
今年の桜の見納めができましたよ。

IMG_3773.JPG
オオカメノキの花は真っ白なアジサイっぽい美しい花です。

IMG_3774.JPG
ヤマツツジも咲いていました。

IMG_3781.JPG
登山開始のころは霧がかかる天気でしたが、次第に晴れてきましたよ〜〜。
天上の世界、雲の上に居るような気分です。

IMG_3787.JPG
登ることおよそ2時間とちょっとで山頂の湿原に到着です。
わ〜〜い。( ^^) _U~~

IMG_3792.JPG
3人で登った記念に、山頂の看板のところで写真を一枚!。

IMG_3795.JPG
気持ちの良い山頂の湿原でお弁当を食べた私たちは、山頂湿原を散策しました。
少し霧がかかり、雲の中を歩いているようでもあり、とても気持ちが良いです。

IMG_3798.JPG
ワタスゲがスゲー綺麗・・・(笑)
先週よりも綿が開いています。

IMG_3800.JPG
まるで箱庭の中に咲く花の様。
チングルマとフデリンドウとイワカガミが身を寄せ合うように咲いています。

IMG_3802.JPG
ワタスゲの道を行く。

IMG_3814.JPG
ワタスゲの道を行くタンボ・ロッジ支配人とお菓子工房ハルディンの多田さん。

IMG_3818.JPG
湿原の小さな池の畔の高山植物たち。

IMG_3821.JPG
イワカガミの群落です。
小さなピンク色のとてもかわいい花なんですよ。

IMG_3823.JPG
山頂の避難小屋付近には、先週よりも少なくなったとはいえ、まだ雪が見られました。

IMG_3829.JPG
山小屋の先の林の中では、先週は咲始めだった「オサバグサ」が満開一歩手前で咲き乱れていました。

IMG_3837.JPG
たくさん咲くオサバグサの花たち。

IMG_3831.JPG
オオカメノキの白いアジサイのような花を下から見た図。

IMG_3842.JPG
シャクナゲの蕾です。
こんなに真っ赤なんですね。
花になるとピンク色なんですけどね。

IMG_3847.JPG
山頂からの帰り道、雲が切れて向かい側の会津駒ケ岳の稜線がとてもよく見えました。
まだまだ雪がたくさん残っていますね。
最後の最後にこんな景色まで見られて大満足の登山でしたよ。

IMG_3852.JPG
会津駒ケ岳と田代山の山頂湿原を行く登山者。
posted by 料理長 at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180166281
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック