2017年09月11日

「タミパン」と「岩鋳のパン焼き器」

最近タンボ・ロッジで取り組んでいる、ガスレンジで使える「パン焼き器」で焼く自家製粉米粉100%のふわふわ食パン。
最初に登場したのが、「タミパン」でした。
それをフェイスブックにアップすると、
「別のメーカーのものを持っています」という方もちらほらおられました。
佐藤さんからどんなものかの情報をいただいて、調べてみたら、「タミパン」よりも少しサイズが大きいみたいです。
出来れば大きいパンを焼きたい私。(笑)
さっそくネットで取り寄せました。

IMG_4622.JPG
左がタミパン、右が岩鋳のパン焼き器。
少し大きいのがわかりますね。

IMG_4626.JPG
中を開けてみると、真ん中の煙突部分が「タミパン」のほうが太いです。
ということは、岩鋳のはかなり大きい感じのパンが焼けそうです。
やった〜〜!!。これからはタンボ・ロッジではタミパンと合わせて2本立てでレシピ開発に取り組みます。!!グー
posted by 料理長 at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180953194
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック