2017年10月29日

パン焼き器で焼く自家製粉米粉パン教室(土日編)

昨日から今日にかけては、タンボ・ロッジの「パン焼き器で焼く自家製粉米粉パン教室」の土日開催の日でした。
開催と言っても、今回のはタンボ・ロッジの「こめっ粉40」スイーツ教室第2期生の持ち上がり教室で、参加メンバーも、スイーツ教室を通しておなじみになった方たちです。
今回作ったのは、「タミパン」や「岩鋳のパン焼き器」という、ガスレンジでパンを焼くためのフライパンを使って、自家製粉の米粉を使い、ふわふわの食パンを焼くことと、支配人が得意とする、米粉の他にひよこ豆の粉を混ぜて1次発酵だけで焼く、ちょっと簡単なパンの2種類です。
私にとっては初めて「パン焼き器」を教室で使います。
一発勝負の米粉パン、果たしてうまくいくかどうか、ちょっと緊張気味でした。(笑)

IMG_5035.JPG
午後3時15分頃から教室がスタートしました。
パン焼き器は2種類使います。
「タミパン」と「岩鋳のパン焼き器」です。
まずは私が「岩鋳」の方の仕込みをしました。
1次発酵に入った後、「タミパン」を使うほうを仕込みます。
こちらは参加した方にやっていただきました。

IMG_5039.JPG
「岩鋳」の方が2次発酵が終わりました。
米粉パンは焼きに入る見極めが大切です。
しっかりとそれを見極めてから、焼きに入りました。

IMG_5040.JPG
カセットコンロを超弱火にして焼き始めます。
さて、どんな風に出来上がるか、ドキドキ物ですよ〜〜。

IMG_5042.JPG
後から仕込んだ「タミパン」も焼きに入ったところで、支配人の「簡単米粉パン」の部に入ります。
こちらはひよこ豆の粉を入れて、1次発酵のみで焼くので、とても簡単です。

IMG_5047.JPG
「岩鋳のパン焼き器」と「タミパン」で焼いた2つが焼き上がりました。
大きさの違いがはっきりと判りますね。
小さいほうがタミパンです。

IMG_5059.JPG
冷えてから断面の写真を撮りました。
小さいほうがタミパンです。
大分違いがあるんだなぁ〜〜。
私は2つを一緒に焼いて比べたことがないので、新鮮に見えましたよ。
うまくいってほっと一息です。

IMG_5049.JPG
じゃ〜〜ん、逆さ吊りされた「山栗の飴かけ」。
最近タンボ・ロッジの山栗のモンブランでよく使っているデコレーション部品です。
その部品作りも公開しちゃいました。

IMG_5050.JPG
吊るしてあるのが固まったら、下の方に溶かしたチョコレートを付けて粉を付けて栗らしくデコレーション。
これを冷蔵庫で冷やします。

IMG_5051.JPG
すべて出来上がったところで、タンボ・ロッジのアンデス・マクロビオティック料理のディナーです。
これは前菜とサラダのプレート。
黒オリーブが載ったものは、イタリア料理の「パニッサ」というひよこ豆粉を使った、揚げ出し豆腐みたいな料理です。
焼き人参に載せてあるソースは、スペインはカタルーニャ地方の郷土料理に使う「ロメスコソース」です。
イタリアとスペイン、全然アンデス・マクロビオティック料理になっていなかったなぁ〜〜。(笑)

IMG_5055.JPG
スープは、スペイン北西部の「ガリッシア地方」の、白インゲン豆とキャベツを使った冬のスープです。
全然アンデス・マクロビオティック料理になっていなかったなぁ〜〜。(笑)

IMG_5056.JPG
メインディッシュは立派なアンデス・マクロビオティック料理ですよ。
黒チューニョ団子の2色ソース添えです。
チューニョはアンデスの究極の保存食。
ジャガイモを凍結脱水乾燥させた、とても体が温まる冬の料理です。

IMG_5064.JPG
そしてついに「山栗のモンブラン」登場です。
みんさでデコレーションをしてもらいました。
なんだかスイーツ教室の復習みたい。(笑)
参加された方の中に、パテシエの方がおられるので、上手な手さばきを拝見させてもらいました。
流石だなぁ〜〜。

IMG_5067.JPG
山栗のモンブラン完成です。
これだけたくさんあると壮観です。

IMG_5071.JPG
実は私、今年初めて「完成形」の山栗のモンブランを食べました。(本当です)
だからね、その記念に断面の写真を撮らなくっちゃ!!。
今年は山栗が不作なので、クリームの真ん中の栗は、「天津甘栗」君に入っていただきました。
だから色が黒っぽいんですね。
でもこれも違った栗の味わいが楽しめて、結構良い感じです。

IMG_5074.JPG
じゃ〜〜ん、さらにスイーツが・・・・
実はこれ、仙台で「精進スイーツ 結び」というお店をされているパテシエのKさんが今回が最終回ということで、持ってきた差し入れなんです。
めちゃくちゃおいしそう!!。
Kさん、ありがとうございます。
うれしいです。

この後は、やはりいつものように夜更かしです。
今回が本当に最終回ですからね。
この同じメンバーで顔をそろえることって、難しいので、とても名残惜しいです。

IMG_5076.JPG
そして翌日の朝です。(今日です)
タンボ・ロッジの朝食後、またまたスイーツがたくさん・・・。
実はこれ、タンボ・ロッジの近くにある「お菓子工房 ハルディン」さんが「行商」(笑)にやって来てくれたのです。
参加した方が欲しいという話をしたので、わざわざ持ってきていただいちゃいました。

IMG_5075.JPG
せっせと販売する店主のTさん。
Tさんが去年のタンボ・ロッジの「こめっ粉40」スイーツ教室の卒業生でもあるんです。
なんだか仲間が増えて、楽しいですよ。

この後、私たちは打ち上げに出かけました。(^^♬♪♬~♫!
posted by 料理長 at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの行事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181427317
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック