2017年10月31日

松おかで打ち上げ

タンボ・ロッジの「こめっ粉40」スイーツ教室の追加教室、パン焼き器で焼く自家製粉米粉パン教室の平日クラスが終了しました。
そして、今日も打ち上げだいっ!!。(笑)
今日は、一昨日の打ち上げをやったお店「こと葉」のシェフがこの教室に参加しているため、第1期生の松岡さんが経営する、那須町にある「玄米と野菜のお店 松おか」でやることに。
実は今日(火曜日)はお店の定休日なんですが、無理を言って貸し切りで営業していただきました。
うれしいです。
快くお店を営業してくださった松岡さん、ありがとうございます。
この場を借りて御礼申し上げます。

IMG_5124.JPG
今日のお品書きです。
秋色満載のメニューですね。
なんと、松岡さんが山栗の最後の頃にタンボ・ロッジに来た折に拾っていった、タンボ・ロッジの山栗を使った「栗ご飯」が・・・。
しかも山栗がゴロゴロ入っています。
小さい山栗をこんなに剥くなんて、とっても大変な作業です。
なのにこんなに大盤振る舞い!!。
太っ腹!!。

IMG_5127.JPG
幕の内弁当のような体裁で出していただきました。
色々な山の料理を食べられて、幸せ!!。
山栗は、剥いてから天日に数日干して、甘くなっています。
よくぞここまで・・・松岡さんに足向けて寝られませんね。(笑)
全ておいしくいただきました。

IMG_5132.JPG
こちらは会津特産の「シシタケ」という黒い茸を使った澄まし汁。
とっても良い出汁が出ています。
天然ものだそうですよ。
素晴らしい!!。

IMG_5129.JPG
楽しい楽しい5回連続の教室、これで終わりかと思うと、とても寂しいです。
最後にみんなでご馳走を前に写真を撮りましょうね。
参加してくださった皆様、本当に長丁場をタンボ・ロッジに通ってくださってありがとうございます。
これからどんどん新しい米粉文化を切り開いていきましょうね。
本当にありがとうございます。

IMG_5134.JPG
おっと、最後にデザートを忘れていました。
栗餡と小豆餡の2色の羊羹です。
もう本当においしい!!。
栗餡なんて、甘さは栗の自然の甘さだけなんですよ。
それでもとても甘く感じます。
さすが松岡さん。
素晴らしいご馳走をありがとうございます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181446981
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック