2006年11月24日

ふゆみずたんぼ

仙台、石巻旅行の2日目です。
この日の夜は、以前このブログで紹介した、無農薬無施肥でササニシキを作っている『遠藤さん』と、きりたんぽ鍋を囲みながら、情報交換をしました。

DSCN7615-1.jpg
あっexclamationこらこら支配人、がっついてはいけませんよ。(左手前の人)おいしいものには目がないんだって。


DSCN7621-1.jpg
さて翌日、遠藤さんの家を訪ねました。
上の写真は米作りについて語る遠藤さんです。お子さんが、お父さんそっくり。かわいいですね。

DSCN7624-1.jpg
田んぼを見学しました。
もうじき水を張るそうです。
写真右の池は、水がないと生きていけない生物(かえる等)が越冬するための『池』だそうです。こんな発想、自然を大事にしている遠藤さんらしいですね。

009-1.jpg
遠藤さんの『ふゆみずたんぼ』です。遠藤さんのブログから写真を拝借しました。
冬に田圃に水を張る「ふゆみずたんぼ」は、『会津農書』と言う古文書に出ているそうです。昔から米作りの知恵がこうして引き継がれていくとうれしいですね。
posted by 料理長 at 12:15| Comment(4) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳
この記事へのコメント
せっかく誘っていただきましたのに伺えず、すみません。
遠藤夫人から「すごく楽しい夜だった」という知らせがあり、一層うらやましく思っています。
きりたんぽ鍋、私も食べたかった…。
Posted by 宇都宮 at 2006年11月26日 14:29
こんばんわ。
急に行くことを決めたので、都合をつけることは難しいと思いました。
でも、次回はもっと早めに予定を決めようと思いますので、またお誘いしますね。
よろしくお願いします。

そして、遠藤さんと言うユニークな、そして農業に熱心な方を紹介していただき、本当にありがとうございます。私たちの世界が広がった感じがして、すご〜くうれしいです。
Posted by 料理長 at 2006年11月26日 20:57
タンボロッジさん、こんにちは
冬水田んぼの米粉を9日着で
送りました。
米粉の名前を「しっとり米粉」に
今日決めました。(笑)
タンボロッジさんがお客様第一号です。
今、シフォンケーキを焼いています。
とってもいいにおいです。
このご縁、大事にしたいと思います。
気持ばかりですが、
自慢のだんご粉を一緒に送りました。
どうぞよろしくお願いいたします。

Posted by 菅原啓子 at 2006年12月07日 22:50
菅原さんこんにちは。
コメントをありがとうございます。

今日、九州のリフレッシュ休暇から帰ってきました。

タンボロッジが『しっとり米粉』のお客様第一号なんて、光栄です。明日到着するんですね。さっそく使ってみたいと思っています。
今後とも、よろしくお願いいたします。
Posted by 料理長 at 2006年12月08日 22:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1815037
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック