2017年12月08日

ソウルで2番目においしいお店

この記事は私達が2017年11月27日から12月1日まで、韓国へ出かけた時のことを、後から書いたものです。

11月29日(水)、朝は市場で「麻薬キムパッ」をおいしくいただき、道具街をうろついた私たち。
夜は精進料理のレストランを予約してあるので、ランチは軽めにしたいところです。
そこで、栗と小豆が大好きな松岡さんが絶対に喜ぶお店を見つけていた私。
そこで韓国式お汁粉をいただくことにしました。
そのお店の名前はなんともユニークで、「ソウルで2番目においしいお店」ですって。
一番おいしいところはどこなの?。と思いますよね。
どうやらそれは、「お母さんの味」・・・だそうですよ。
ではみんなでお汁粉を食べに行きましょう。

IMG_5551.JPG
お店は地下鉄の「京福宮(キョンボックン)」駅から歩いて15〜20分くらいの「北村(ブッチョン)」と呼ばれる地区にありました。
平屋建てのお店だし、店の名前が長いので見つけ易いです。

IMG_5552.JPG
メニューが写真入りでありました。
これならわかりやすいですね。

IMG_5554.JPG
私以外は全員お汁粉を頼みましたが、私は逆らって、「韓方茶」を頼みましたよ。
鹿の角のゼリー入り韓方茶。
元気が出るんだそうです。
でもね、その鹿の角のゼリーを写真撮る前にお茶にお店の人が入れてしまい、写真には撮れませんでした。
しかし、如何にも効きそうな韓方茶。
苦くてホロ甘いです。
苦みが強いので、生姜の砂糖漬けを少しずつ食べながら飲むそうです。
生姜を食べるから、体中に薬効がいきわたる感覚がしました。

IMG_5560.JPG
こちらは栗がたっぷりのお汁粉。
甘さ控えめで、シナモンが振られていてとても香り高くておいしいです。
シナモンと栗って、よく合うんですね。
新たな発見です。

IMG_5557.JPG
あまりのおいしさに、皆で二人分のお替りをしてしまいました。
私もお汁粉を食べられて、うれしいです。
だって「韓方茶」、苦かったんだもん!!。(笑)

ところで韓国では、器を持ち上げて食べることはとても下品な行為とみなされます。(お茶やコーヒーなどを除く)
でもみんな持ち上げちゃってるんだもの。
旅行の前にそういう話をしたはずなのに!!。
恥ずかしいなぁ〜〜、支配人までも同じだもんね。
皆様私の話を聞いていなかったようです。
なので、下品な日本人団体になってま〜〜す。

IMG_5561.JPG
あ〜〜、食った食った、嬉しそうに店を出る支配人です。(笑)

IMG_5562.JPG
お店を出て、仁寺洞を歩きました。
栗大好きな松岡さん、焼き栗の屋台を見つけてさっそく買い食い!!。
少し分けていただきましたが、結構なおいしさです。
しかし、栗のたっぷり入ったお汁粉を食べた後にもまた栗を買うなんて、よほどの栗好きですねぇ、松岡さんは。(笑)

IMG_5565.JPG
小豆の蒸し菓子がお店にの前に並んでいました。
こちらにも興味津々の松岡さん。(笑)
posted by 料理長 at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国食べ歩き
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181793782
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック