2018年01月11日

アマゾンスタイルの「セビッチェ」

お正月は連泊される方が多く、メニューをいろいろと変えるのに頭を悩ませました。(笑)
そこでちょっと初物にチャレンジ!!。
1週間前の1月3日にはこんな料理を作ってみました。
それは・・・アマゾンスタイルの「セビッチェ」。
「セビッチェ」は、ペルー独特のマリネ料理で、イタリアのカルパッチョに近いですが、酸味にレモンを使います。
最近のペルーでの流行は、マリネしたものをしばらく置いて、味をなじませるという昔ながらの方法ではなく、出来上がって盛り付けられた料理に酸味のある独特なソースをかけるというやり方です。
今回は使う材料が、アマゾンっぽく、ヤシの新芽の「パルミット」(缶詰でオーガニックのものが手に入ります)、ドライフルーツなどを使ってみました。
本当はアマゾンでは「タイガーナッツミルク」をソースに使うのだけど、タンボ・ロッジにはそれがありません。
そこで、麻の実ナッツと豆乳を合わせ、レモンの酸味を利かせた現地の味に近いソースを作ってみました。
これ、かなりおいしかったので、正式なタンボ・ロッジのメニューに取り入れようと思います。

IMG_6010.JPG
前のボールがアマゾン風セビッチェのソースをかける前のもの、後ろのピッチャーに入っているのがその独特なセビッチェソースです。

IMG_6013.JPG
セビッチェソースをかけていただきます。
posted by 料理長 at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182109235
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック