2018年01月22日

豆味噌作り

今日は豆味噌を仕込みました。
前回仕込んだのが今から3年前。
3年経つとおいしくなるので、そろそろ食べようと思っていますが、次回のために、今から仕込んでおかないと3年以上熟成の味が楽しめませんからね。
ちなみに今タンボ・ロッジで使っている豆味噌は、なんと!!、震災の前後に仕込んだもので、7年ものなんですよ。
それはもうとてもおいしくなっています。
でももうあと僅かしかありません。((+_+))」
しかし!!2015年に仕込んだものが手つかずであるので、これからはそれを使います。
今回仕込んだのは、その味噌が終わった後に使うつもりです。
たぶん3年以上先だと思わります。
なんだか気が長い話ですね。

IMG_6168.JPG
豆麹は、オーガニックの大豆に天然の麹菌を付けた、福井県のマルカワ味噌さんから取り寄せたものを使いました。
でもね、ラベルの印字が間違っています。
農薬も化学肥料も使わずに栽培したお米に・・・と書いてありますよ〜〜。
あのぉ〜〜、豆麹なので、お米は入っていないはず。(笑)
「大豆」の打ち間違えですね、これ。

IMG_6170.JPG
豆味噌作りは割と簡単です。
豆麹100%で作りため、豆麹さえあれば大豆を茹でたりしなくて良いのです。
まずはとっても贅沢な豆麹を、使い込んだ木の樽に入れます。

IMG_6173.JPG
その樽に一定の濃度の塩水を注ぎます。
塩が溶けないほどの濃厚な塩分ですが、こうして半ば強引に注いでいきます。

IMG_6176.JPG
豆麹の少し上くらいまで塩水が入ったら、中蓋をして、中身程度の重さの重しをしっかりと乗せます。

IMG_6177.JPG
ゴミが入らないように、布で覆ってその布をしっかり結わえて仕込み終了です。
後は秋になったら重しを取り、中の豆をミンサーなどで挽肉状にして、もう一度樽に入れて後は熟成あるのみです。
およそ3年後から食べ始めると、とてもおいしくなっていますよ。

IMG_6181.JPG
さて、今回余分に取り寄せた豆麹。
これはタンボ・ロッジの薪ストーブの上の天井にぶら下げて、乾かして粉にします。
何に使うかというと、春に仕込む究極の手作りコチュジャンに使います。
早く乾かないかなぁ〜〜。(#^.^#)
posted by 料理長 at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182213082
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック