2018年04月19日

山菜狩り

昨日から今日にかけて、山のことにめちゃくちゃ詳しい「玄米と野菜のお店 松おか」の松岡さんがタンボ・ロッジに泊まりにいらしてくださいました。
タンボ・ロッジ周辺は、やっと雪も融け、山菜が出始めた季節です。
そこで、タンボ・ロッジから少し歩いた林道を遡り、山菜狩りを楽しみました。
松岡さんの目標は、「ヨモギ」をたくさん摘むこと。
しかし、まだヨモギには早く、全然出ていなくてちょっとショック!!。
しかしそこは松岡さん、別のものを根こそぎに近い位に採取!!。
流石です。

IMG_7116.JPG
目的地のヨモギたくさんの地点では、全然ヨモギは見当たりません。
しかし!!、なにやら発見した松岡さん。

IMG_7119.JPG
うっしっし〜〜、大きくておいしそうな「フキノトウ」の群落を発見!!。
すかさず大量採取!!。(笑)
実は私たちは、タンボ・ロッジの庭に出るフキノトウを散々食べていたので、もう飽きてしまっていました。
だからね、松岡さんの独り舞台です。

IMG_7126.JPG
おっ、「カタクリ」の花が咲いています。
周辺をよく見ると、まだつぼみのカタクリもたくさん!!。
カタクリの葉は、天婦羅にすると絶品です。
でもね、2枚ある葉の両方を採ってしまうと、枯れてしまうので、片方だけを少し採取しました。

IMG_7123.JPG
カタクリちゃ〜〜ん、採りますよぉ〜〜。
那須のマクロビオティック・イタリアンレストランの滝口さんご夫妻も同じ日に泊まりに来られたので、一緒に採取しました。

IMG_7133.JPG
小川の淵には「ヤマメ」が泳いでいます。
水がとても綺麗です。

IMG_7142.JPG
根こそぎ松岡さん(笑)、何やら採取しています。
この細長いのは、食べられるものではなく、生け花の飾りに使う「木賊」(とくさ)という植物です。
あまりあちこちにないけれど、ここにはその群落がありました。

IMG_7143.JPG
まだ雪が少し残る林道を歩いての、春浅い山菜採取。
もう少しするとたくさんのものが採れ始めます。
posted by 料理長 at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183026423
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック