2018年06月01日

ビーガン・パォン・デ・ロー

こちらも久しぶりに作った、「ビーガン・パォン・デ・ロー」。
パォン・デ・ローというのは、ポルトガルの伝統菓子で、ポルトガル各地に色々なレシピがあるのですが、タンボ・ロッジで作るのは、卵も乳製品も使わないビーガンタイプのものです。
カステラの原型と言われるこのお菓子、ふわふわに焼いて、中に半熟の卵の黄身が入るのが特徴ですが、それを意識して、中身には「米粉のビーガン・カスタードクリーム」を入れて、ベーキングパウダーも使わずに焼き上げました。
ふわふわのお菓子って、日本人の郷愁を誘います。

IMG_7702.JPG
posted by 料理長 at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 米粉のスイーツ&パン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183389808
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック