2018年06月29日

熊野詣(5)瀞峡&熊野本宮大社&丸山千枚田

6月19日(火)、この日はタンボ・ロッジへと帰る日です。
でも熊野詣の最後の「熊野本宮大社」へまだ行っていないし、泊まった温泉の近くの瀞峡の観光船にも乗りたいし・・・と言う訳で、まずは瀞峡廻の観光船に乗ることにしました。
ゆったりと流れる新宮川を船で観光します。
道路がない遥か過去の時代には、こうした川を使った水運が盛んだったそうで、その名残という形で存続した「瀞峡めぐりの遊覧船」。
ゆったりとした川面を眺めながら、まったりとした時間が流れていきました。

IMG_7929.JPG
やっほ〜〜!!。
観光船に乗船します。
桟橋がないのにびっくりです。
浅い川を航行するために、こんなに簡単に接岸できてしまうんですね。

IMG_7931.JPG
船はゆっくりと(と言っても時速40q位だそうです)川を遡ります。
ゆったりとした時間が流れます。
川面から外の風景を眺めることってめったにないので、貴重な体験でした。

IMG_7933.JPG
岩が切り立つ「瀞峡」に入りました。

IMG_7937.JPG
瀞峡の中ほどで、下船して休憩時間がありました。

IMG_7936.JPG
とても良い眺め!!。
廃業した昔のホテルが崖の上に建っています。

IMG_7941.JPG
上の方に登って瀞峡を眺めてみました。

IMG_7942.JPG
瀞峡めぐりの観光船を下船し、「熊野本宮大社」に到着です。
これで私たちの熊野詣が終わります。

IMG_7944.JPG
のぼり旗がはためく石段を登れば、熊野本宮大社の社殿に到着です。
さあ、あとはタンボ・ロッジへと戻りましょう。

IMG_7950.JPG
高速道路へと向かう途中に、有名な「丸山千枚田」があります。
小雨が降っていましたが、ちょっと寄り道して少し歩き、千枚田を堪能しました。

IMG_7955.JPG
田圃の手入れをする人もいました。
こんな小さい田んぼを維持するのは、すべて手作業でないとできないから、かなり大変だと思います。

IMG_7956.JPG
霧のかかる山と丸山千枚田の風景です。
posted by 料理長 at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183677827
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック