2018年07月25日

ブルーベリーのジャム作り

昨日たくさん摘んできた西山ブルーベリー園のブルーベリー。
今年は雨が少なく味が濃厚です。
それを今日、少し生食で食べる分を除き、すべてジャムに加工しました。
ジャムに使う甘味料は、自然農法のササニシキとオーガニック麦芽を使って手作りします。
材料はたったこの2つだけ。
とってもシンプルだけど、とってもおいしいブルーベリーのジャムです。
ではさっそく仕込み開始!!。

IMG_8259.JPG
米飴はお米6合と麦芽250gから作ったものが2パターン必要です。
前の日に作っておいた米飴1パターンとは別に、昨日の夜から保温して仕込んでおいた米飴1パターンを作ります。
まずは布の袋に入れて絞らないとね。

IMG_8261.JPG
ブルーベリーを摘みに行く前に作っておいた米飴1パターンと、昨日の夜に仕込んでおいた米飴を使い、加工します。
布の袋に入れて絞り終えた米飴を煮詰めることとブルーベリーを煮詰めることを同時にやりました。
タンボ・ロッジのキッチンはめちゃ暑い!!。(笑)

IMG_8266.JPG
暑さにもめげずに熱湯消毒した保存瓶に入れ、脱気殺菌して完成です。
タンボ・ロッジは涼しい高原にあるけれど、こんなに目いっぱい火を使ったら、コンロの近くはそりゃあ暑いです。
でもね、これで1年分のブルーベリーのジャムが完成しました。
これからいろいろとスイーツに、朝食のパンのお供に活躍してくれることでしょう。
posted by 料理長 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183998009
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック