2018年10月07日

ペルー風コーフーの串焼き

昨日の夕食の前菜の一つはこちら、「ペルー風コーフーの串焼き」でした。

IMG_8821.JPG
ペルーでは人気の屋台料理で、本来は牛のハツを使います。ハツにピリ辛のたれとクミンをよ〜〜く染み込ませてから、それを串にさして「焼き鳥」の様に炭火で焼いて、先端にジャガイモのゆでたものを刺していただきます。

これ1本食べただけでもお腹いっぱいになりそうな屋台料理です。

しかしタンボ・ロッジはビーガン料理の宿なので、ビーガン仕様に変更し、肉の部分にコーフーを使いました。後の作り方はほとんど現地のと同じです。

img023.jpg
こちらはペルーでの写真、屋台での串焼きを売っている風景です。

ペルーではこの料理を「Anticucho」(アンティクーチョ)と呼んでいます。

この料理の煙の臭いをかぐと、ペルーへやって来たんだなと思ってしまうほど、ポピュラーな屋台料理です。
posted by 料理長 at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184628542
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック