2018年10月11日

ペルー風もちトウモロコシ入りスープ

タンボ・ロッジのディナーのスープに、「ペルー風もちトウモロコシ入りスープ」を作ってみました。

トウモロコシには「もち」と「うるち」があるということは、日本ではあまり知られていません。
日本の私たちがいつも食べているトウモロコシは、ほとんど「うるち」タイプです。ですから、もちトウモロコシの食感を知らない人が多い!!。
しかしペルーでは、トウモロコシと言えば「もち」系の品種ばかりです。
日本でも細々と種をつないで作られてきた歴史があるトウモロコシの中に、「もち」品種があるので、こうしてペルーっぽいスープを作ることが可能です。
メキシコ原産でアンデスには4000年以上も前に栽培されていたというトウモロコシ。
色々な種類があって楽しいです。


IMG_8842.JPG
posted by 料理長 at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184658232
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック