2008年09月25日

実りの秋

昨日は、無農薬・無施肥の「たむら農園」さんへ行ってきました。
たむら農園さんでは、今、実りの秋を迎えています。

P9245657-1.jpg「赤米」って、よく見ると、穂が赤いですよ。
ほらほらexclamation×2
初めて見ました。

P9245678-1.jpg
こちらは別の種類の「古代米」の「黒米」です。
これは、籾殻からして黒いですね。
こちらも初めて見ました。

P9245683-1.jpg
実はこの日は、無農薬・無施肥を志す「長尾農園」さんと一緒に田村さんのところへ情報交換のために出かけていったんです。

さて、みんなで記念写真です。
笑って笑ってわーい(嬉しい顔)
posted by 料理長 at 09:24| Comment(4) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳
この記事へのコメント
この人と人の繋がりが、タンボロッジさんの味を作っているんですね。
僕もそんな繋がりを作っていければと思いました。

山栗モンブラン、狙ってたんですけど。
逃したかぁ。
Posted by macrobi papa at 2008年09月26日 08:57
macrobi papaさん、こんにちは。
確かに、人のつながりって、財産だと思います。
私たちのように、田舎にあって都会の人を呼んでいるところって、農家と都会の人をつなげる接点になる、というか、そういう役割を担っているように思います。

山栗モンブラン、だいぶほじくって冷凍しちゃいました。
それで、10月中も楽しめそうですよ〜〜〜!!
Posted by 料理長 at 2008年09月26日 11:43
友人の昨年の有機黒米がだいぶ残っているというので、米飴を作ってみようと麦芽取り寄せました。一回に作れる量はどのくらいですか?米3升は無理ですかね?米は蒸しては駄目なのでしょうか?(一度にたくさん作りたいので)かりんぼお待たせしてすみません。明日発送予定です。
Posted by 吉田 優生 at 2008年09月26日 13:11
吉田 優生 さん、こんにちは。
米飴は、お米6合に対して、麦芽200g使います。
いっぺんに3升炊ける(保温できる)ものがあれば、当然出来ますよ。
もち米の場合、蒸かしてもいいし、炊飯器で炊いてもOKです。
ただし、炊き上がったら(蒸しあがったら)水を入れて、「おじや」くらいの感じの「お粥」にして、それの温度を60℃前後にして、保温します。

しかし、「黒米」で作るなんて、かなりの贅沢ですね。
かりんぼ、よろしくお願いいたします。
Posted by 料理長 at 2008年09月26日 14:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/19982015
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック