2008年09月26日

南瓜のケチャップ

久しぶりに時間が取れたので、南瓜のケチャップを作りました。

トマトケチャップは、今までよく作っていたのですが、やはりタンボロッジは夏が忙しいのと、暑いときにやると大変(煮詰めるので)なので、最近は「秋」に作れるこの「南瓜のケチャップ」を愛用しているんです。
それに、「陰性系」のトマトを使うよりは、同じアンデス原産野菜で「陽性系」の南瓜を使うほうが、マクロビ的にもいいと思うし、それに、味がとてもおいしいんですもの。るんるん

では、さっそく作ってみましょう。

P9185629-1.jpg
これ、なんだと思いますか?
実はこれは、「梅酢」にハーブをに漬け込んでおいたものを、布巾で漉した所の写真なんです。
やはり、トマトを南瓜に替えるんだから、お酢もよりマクロビ的にと思い、今年の7月に、「ハーブ梅酢」なるものを仕込んでおいたんです。
おおよそ2ヵ月半ほど経ちましたが、しっかりハーブの味がしみこんで、いい香りの「ハーブ梅酢」が出来上がっていました。
よかったよかったわーい(嬉しい顔)

P9185633-1.jpg
さて、南瓜と人参、玉ねぎをりんごジュースで煮込みます。
材料がやわらかくなったら「ミキサー」にかけ、ペーストにします。
そのペーストに、「ハーブ梅酢」と「自然塩」を入れて、少し煮込みます。
「トマトケチャップ」のように、長く煮詰めなくてもいいので、とても楽チンに作れちゃうんですが・・・
まるでいい気分(温泉)温泉の「坊主地獄」みたいですね。
気おつけないと、あちこちにはねて、大変です。がく〜(落胆した顔)
やけどにも注意が必要なんですよ。どんっ(衝撃)

DSCN0010-1.jpg
なんだかんだ言っても、おいしい「南瓜のケチャップ」が出来上がりました。
脱気殺菌して、保存します。
これでしばらくは安心です。

DSCN0046-1.jpg
では、出来たばかりのおいしい「南瓜のケチャップ」を、もちキビと人参の「卵もどき」の上にかけて、いただきま〜〜す。わーい(嬉しい顔)
posted by 料理長 at 14:07| Comment(5) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品
この記事へのコメント
トマト以外のケチャップ食べたの初めてでしたが、南瓜のケチャップかなり絶品でした!
トマトより好きかも!
Posted by お味見係 at 2008年09月26日 23:51
うわ〜。おいしそうです〜。
想像しただけで。。。ジュルっ。
かぼちゃだけのペーストでは甘すぎるでしょうけど、
ハーブの梅酢も入ったら、きっときっとすてきなおいしさになってるんでしょうね♪
Posted by くろ。 at 2008年09月27日 22:47
お味見係さん、こんにちは。
南瓜ケチャップを気に入ってくださり、とてもうれしいです。
まだ今回だけでは足りない感じなので、また時間を見つけて、せっせと作りますからね〜!
ブログにタンボロッジの記事のアップ、ありがとうございます。

くろ。さん、こんにちは。
おいしいですよ〜〜〜ん。
本当、トマトよりいい感じです。
ぜひ「くろさん」もトライしてみてくださいね。
Posted by 料理長 at 2008年09月30日 17:16
先日は美味しいカボチャのケチャップをありがとうございました。さて、私達研究会のカボチャを使った商品作りとしてカボチャのケチャップも面白いと思いましたが、ヒントとして商品開発してもかまわないでしょうか?
Posted by 渡辺とみ子 at 2009年01月21日 22:43
渡辺とみ子さん、先日はどうもありがとうございました。
カボチャ、おいしくいただいています。

ところで、商品開発との事、それは楽しいです。
どうぞどんどんやってみてくださいね。
タンボロッジでは「ビーツ」(西洋赤カブ)を少し入れて、「トマトケチャップ」とそっくりな色に仕上げたバージョンも作っています。
それも面白いかと思います。
Posted by 料理長 at 2009年01月21日 23:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/20052122
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック