2008年10月17日

不思議なそら豆

今頃なぜか「そら豆」。
そして、なんだか「不思議」。
IMG_0243-1.jpg
ほらっどんっ(衝撃)
だって「茶色」でしょ。
これは新たな品種か?、それとも突然変異か?exclamation&question

でも、とてもおいしいんですよ。
そら豆の香りがとても強く、そしてホクホクで、皮までおいしく食べられちゃうんですから。わーい(嬉しい顔)

普通はそら豆って、鞘からはずし、未熟な緑色のものを食べていますよね。
そう、「大豆」を「枝豆」で食べるように・・・。

実は、これはそら豆を「未熟」なまま食べずに、種として使えるように熟させて保存した乾燥品を、水で戻し、茹でたものだったんです。

IMG_0269-1.jpg
こちらがその「そら豆の種」です。
薄い緑色をしていますね。
それが茹でると、茶色に「変身どんっ(衝撃)」。
ちょっと不思議で、びっくりしました。

DSCN3187-1.jpg
これはペルーのアンデスで食べた「ホワイトジャイアントコーンとそら豆のサラダ」なんです。
そら豆がちょっと焦げていますが、茶色なのがお分かりいただけるでしょうか。

私はよくペルーで、こんな茶色い「そら豆」を食べていました。
でも、きっと日本のものと品種が違うからだと思っていましたけれど、それは間違えだったんですね。
ペルーでは、長期保存のため、乾いたそら豆がよく市場などで売っています。
comida16-1.jpg
これがその写真です。

でも、この乾燥そら豆、本当においしいんですよ。るんるん
もっと日本で普及しないかな〜〜〜猫
posted by 料理長 at 11:20| Comment(2) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理
この記事へのコメント
こんばんは。
ペルー人のパートナーを持つdanaと申します。

最近ペルー料理作りをしたいと思いまして、調べていたところこちらのサイトにたどり着きました。

HPの方にはたくさんの写真付きで料理の名前や詳細があってとてもわかりやすいですね^^

そこで少し質問なんですが、ピカンテ・デ・カマロンの作り方を教えてはいただけませんか?><
彼の家で出ていたペルー料理に似ていて、彼私共に大好物だったんです。
一度作ってみたいと思っているのでお時間あるときにでもお願いできませんでしょうか?;

あと、いくつも厚かましいとは思いますが、HPに載っている料理など、他にもペルー料理は作られているんでしょうか?
もしそうなのでしたら、色々とお聞きしたいです。
Posted by dana at 2008年10月18日 01:57
danaさん、こんにちは。
Picante de camaron、その彼の家で出ていたのならば、そちらに聞くのが一番良いのではないでしょうか?。
家庭料理はそれぞれに味が違っていて、私の料理がその料理と同じかというと、そんなことはありませんから。

今、私はベジタリアンなので、ペルー料理そのものを作ることはありません。
ペルー料理をベジタリアン化した、いわばタンボロッジ・オリジナル料理なんです。
お分かりいただけたでしょうか?。
Posted by 料理長 at 2008年10月18日 13:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/21289099
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック