2008年10月19日

初めての「天然酵母の米粉パン」

先日、タンボロッジではじめて作った「天然酵母のパン」。
昨日は、このとき使った「山葡萄酵母」が少し残ったので、ついに「天然酵母の米粉パン」に挑戦してみました。

米粉100%でパンを作る場合、1次発酵しかしません。
「グルテン」がないので、小麦粉のパンのように、「パンチング」したり、1次発酵の後に整形したり出来ません。
だから、作るのはとても簡単なんですが、果たして「天然酵母」でうまく行くかどうか、今回は「タンボ実験室」という感じでやってみました。

IMG_0279-1.jpg
まず、残った「天然酵母液」と、米粉と米飴、菜種油、塩をボールに入れ、混ぜます。
そして、生地の硬さを見ながら、足りない水分を補って、こねていきました。
ちょっと遊びで「レーズン」も入れちゃいました。猫

山葡萄の色が少し付いて、ピンク色のおいしそうな生地が出来上がりました。

IMG_0285-1.jpg
そして、寝かせます。
10時間くらいかかるかと思いきや、わずか4時間くらいでこんなに膨らみました。
すごいです。
山葡萄酵母、たいしたもんですねえ。
えらい!どんっ(衝撃)

IMG_0293-1.jpg
そして、蓋をして、180℃のオーブンで焼くこと、約40分。
おいしそうな「初・天然酵母の米粉パン」が出来上がりました。

味は、ほんのりと山葡萄の酸味が利いていて、そして一緒に入れた「レーズン」の甘味があり、とてもおいしいです。
酵母とレーズン、葡萄同士なので、相性がいいみたいです。

こんなに早く膨らむなら、「山葡萄酵母液」を半分にしてやってもよかったみたいです。

もう一度作りたいな〜〜・・・と思っても、「酵母液」、全部使ってしまいました。もうやだ〜(悲しい顔)
また「天然酵母」から作らなくては・・・・猫
posted by 料理長 at 15:12| Comment(3) | TrackBack(0) | 米粉のスイーツ&パン
この記事へのコメント
パチパチ。さすがです〜。
わたしは一回目、ういろうみたくなりました。
発酵力の差ですよね。。。生命力の差?
山葡萄酵母、いいなぁ。

小麦酵母で米粉のパンもやってみましたけど、
やっぱり米には米か、フルーツの酵母が相性いいような気がします〜。
Posted by くろ。 at 2008年10月19日 22:20
美味しく、楽しく、充実したひとときを
ありがとうございました^^

初・天然酵母米粉パンも
とってもおいしくいただきました♪

酵母とレーズンと米粉の
お味のハーモニーを楽しませて
いただきました☆

幸せ〜♪

大満足で帰宅いたしました。
11月も楽しみにいたしております。
よろしくお願いいたしま〜す☆


支配人さま
お誕生日おめでとうございます♪
ますますお健やかに、実り多い1年になりますよう
心よりお祈り申し上げます。

どうぞすてきなバースデーをお過ごし下さい☆

・・・ブログからのお祝いになり、
失礼いたしました〜・・・


Posted by miki at 2008年10月20日 10:21
くろ。さん、こんにちは。
米粉キラーのくろさんでさえ、最初は「ういろう」だったんですね。
こんなにうまく出来てラッキーでした。
もう「山葡萄」の季節は終わってしまったから、今度は何を使おうか、思案中です。
またいろいろと教えてくださいね。

mikiさん、こんにちは。
「初・天然酵母の米粉パン」、おいしく感じていただいて、とてもうれしいです。
おかげさまで、今回も私たちのほうが楽しませていただいた感じです。
ありがとうございました。
また11月のはじめを楽しみにしています。
どうぞよろしくお願いいたします。
それと、ブログからのお祝いメッセージ、どうもありがとうございます。
Posted by 料理長 at 2008年10月20日 22:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/21429264
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック