2008年10月28日

究極の日本酒“樋の口”新酒試飲と酒造会社見学会&生産者と語ろう(2)

ではでは、料理の紹介をしましょうね。
IMG_0418-1.jpg
まずは1品料理です。
こんな感じで並びました。

なめこの味噌汁、ぜんまいと揚げの煮物、紫シメジのソテー、なめこの大根と人参のおろしかけ、シメジと樋の口の酒粕の和え物などです。

IMG_0426-1.jpg
これは玄米なんですが、ただの玄米ではありません。
究極の日本酒「樋の口」に使う酒米の「タカネミノリ」の玄米ご飯です。どんっ(衝撃)
「酒米」って、食べたことがある人は相当少ないと思います。
いったいどんな味なんでしょうか?
これは、食べた人しかわからない「秘密の味」(相当もったいぶっていますねえ猫
でも、とてもおいしいんですよ。
今まで生きてきて、「酒米」を食べたのは初めてでした。
こんな貴重な機会に恵まれて、とてもうれしいです。わーい(嬉しい顔)

IMG_0429-1.jpg
さて、新之助シェフによる「お座敷天婦羅」が始まりました。
舞茸やシメジのかき揚など、もうめいっぱい旬を楽しみました。
何と贅沢なことでしょうかるんるん

IMG_0438-1.jpg
今日はすごく楽しかったし、おいしかったです。
会津酒造の社長さん、酒米生産者の草野さん、そしてこんな会を企画してくださったフルシェットの持永さん、本当にありがとうございました。
そして、おいしいベジ料理を作ってくださった新之助シェフさん、お疲れ様そしてどうもありがとうございまた。とてもおいしく頂きました。

では最後にみんなで記念撮影です。
みなさ〜〜んexclamationわらってわらってわーい(嬉しい顔)
posted by 料理長 at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの行事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/21989855
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック