2009年01月18日

スークレ滞在(2)

さてさて、スークレ滞在あ(その2)です。
お昼と夜の食事を紹介しましょう。
またまた飽きることなく、例のベジタリアン・レストラン「El german」に行きました。
IMG_1019-1.jpg
これは「キヌア」のドリンクです。
キヌア粉を炒って、香ばしくしたものとフルーツとのコンビネーションです。
キヌア粉って、炒るとまるで「きな粉」のような風味がします。
とてもおいしいです。
タンボロッジでもやってみようと思います。猫

IMG_1021-1.jpg
お昼のスープはこれ。
「ソパ・デ・アベーナ」、押し麦のスープです。
押し麦と野菜が煮込まれていて、風味豊かでした。

IMG_1025-1.jpg
メインディッシュはこんな感じです。
とても色合いがきれいですね。
じゃが芋と人参のピューレ(左の黄色いもの)と、生ピーナッツとチーズの入ったじゃが芋のグラタン(右)、そして付け合せには、ほうれん草ときゅうり、玉ねぎに「サルサ・クリオージャ」という南米独特の「フレンチドレッシング」の様なソースがかかっています。
これもおいしいかったですよ。わーい(嬉しい顔)

IMG_1028-1.jpg
デザートです。
ヨーグルトにアマランサスのポップがかけてありました。
アマランサスは、ペルーでは「キウィチャ」(Kiwicha)と呼ばれていますが、このあたりでは「アマラント」と言うそうです。
何で原産国では「キウィチャ」と呼んでいるのに、日本では「アマランサス」と言うのか、今まで疑問でしたが、これで解決しました。わーい(嬉しい顔)

・・・・・・・・・・・・

さて、時間は流れ、夕食になりました。
IMG_1050-1.jpg
標高も低いので安心してビールを飲めますねえ。
今日は昨日のとは別のビールといってみましょうか。
ビールでは、乾杯〜〜ビール
これはラパスの「パセーニャ」と言うビールメーカーの「ワリ」と言うビールです。

IMG_1053-1.jpg
これは「フィリ・デ・キヌア・コン・パパス・フリッタス,ケソ・イ・エンサラダ」と言う長ったらしい名前のメインディッシュです。
写真手前ががセットになった野菜サラダです。
そしてその奥がこの「フィリ・で・キヌア」と言う料理です。
これは、炒ったキヌア粒を炊いて、味付けをし、カッテージチーズと混ぜると言うものなんです。
それにフライドポテトがついて、ボリュームたっぷりです。exclamation×2
さすがは「キヌア」と「じゃが芋」の原産地ですね。
キヌアは本当に「アンデスのご飯」と言った感じがします。

IMG_1055-1.jpg
こちらは野菜たっぷりの「キヌアスープ」です。
そら豆、人参、トマト、キヌア、セロリ、浅葱と言う感じで、この野菜の豊富さに驚かされてしまいます。がく〜(落胆した顔)
日本でも、こんなに一同にそろえることはなかなか出来ないのではないでしょうか。
南米一貧しいと言われている「ボリビア」の、これが現実なんですよ。
いったい「豊か」、「貧しい」って、何が基準なんだか、これを見ているとわからなくなってしまいます。
だって、前の記事の博物館の子供たちの笑顔。
あんな写真を今の日本で撮ることが出来るかな??、とも思ったりしちゃいますから・・・

IMG_1060-1.jpg
こっちらはやはり日本人を泣かせる料理です。もうやだ〜(悲しい顔)
豆腐のステーキに、ブロッコリーとセロリ、ピーマン、人参を煮込んだ「あんかけ」がついています。
うお〜〜〜exclamation×2懐かしい味っどんっ(衝撃)
posted by 料理長 at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年アンデス食べ歩き
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/25626650
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック