2009年01月29日

チチカカ湖の島「アマンターニ」へ

11月27日になりました。
この日は、「チチカカ湖」の中にある島「アマンターニ」へと向かいます。
地図はこちらです。
この地図でいうと、「Puno」の町から「湾」の部分を出て、すぐに島が2つありますね。
その島の、北(上)の方の丸い島が「アマンターニ」です。
プーノから約35Km、小さな船外機付きの船で、約3時間半かかります。
時速10kmか〜〜〜がく〜(落胆した顔)
遅いな〜〜〜モバQ

IMG_1325-1.jpg
では、出航です。
救命胴衣を着けて、チチカカ湖の風に当たりながらの旅です。

チチカカ湖は、標高約3840m、つまり「富士山」よりも少し高いところにありながら、なんと「瀬戸内海」ほどの広さがある湖です。
本当に、まるで海みたいな感じがするんですよ。

IMG_1332-1.jpg
途中に、「葦」で作った浮島「ウーロス島」に寄って行きます。
ここは最近かなり観光地化されていて、島の「入島料」までかかります。
チチカカ湖名産の「虹鱒」が養殖されていました。

IMG_1336-1.jpg
こんな煮炊きの跡が・・・・
「葦」で出来ている人口の島なので、火事になったら大変ですねえ。

IMG_1341-1.jpg
すっかり観光化され、「葦舟」に乗って、島と島の間を移動したりも出来るんです。
まるでテーマパークに来ているみたいに感じました。

IMG_1342-1.jpg
さて、「ウーロス島」から約3時間、船はチチカカ湖をのんびりと航行します。
そしてやっと着きました、アマンターニの港です。
チチカカ湖は最近乾燥化が進み、ここ20年で湖面の水位が1mほど下がったそうです。がく〜(落胆した顔)
港の奥には、その昔使っていた岸壁がありました。
そこにはもう「湖水」がありませんね。

IMG_1343-1.jpg
今日私たちは港で紹介された「民宿」に泊まります。
民宿のお母さんが自分の家まで案内してくれました。
でも、ここは標高が高いんです。
坂を上ると息が切れてしまう私たち。
お母さ〜〜ん、もう少しゆっくり歩いて〜〜exclamation×2
はあはあどんっ(衝撃)

IMG_1344-1.jpg
やっと彼女の家に着きました。
今回は2泊します。
さて、どんな料理が食べられるやら、楽しみです。るんるん
posted by 料理長 at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年アンデス食べ歩き
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26058018
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック