2006年12月22日

ビーツのケチャップ

今日は、先週に会津若松の『白井農園さん』から分けていただいた『オーガニックのビーツ』(西洋赤カブ)のケチャップを作ってみました。
DSCN8016-1.jpg
『ビーツ』って、こんな感じです。ロシア料理の『ボルシチ』に使うことで有名ですね。
この季節は、体を冷やす『トマト』よりも、こうした冬野菜のケチャップが体によさそうですね。

DSCN8017-1.jpg
『ビーツ』は、中まで真っ赤です。半分に切ってみると、こんな感じです。触ると手まで赤くなるんですよ。

DSCN8023-1.jpg
今日はビーツだけではなく、玉ねぎと人参を入れたケチャップにしてみました。
まず、ざっと切ったビーツ、人参、玉ねぎを、白井農園のストレートの低農薬りんごジュースでゆでました。こんな感じになります。

DSCN8038-1.jpg
それをミキサーにかけて、ハーブビネガーを入れ、塩、胡椒で味付けます。甘さはりんごジュースの甘さで、ほんのり甘い優しい味になりました。
トマトケチャップよりは色が少々どぎついのが難点ですかね。
この写真は、『脱気殺菌』して保存する『ビーツのケチャップ』です。

DSCN8028-1.jpg
さて、出来上がったばかりの『ビーツのケチャップ』を、『豆腐の味噌漬け』に使った後の、塩味が薄くなった『味噌』をベースにした『ベジタリアン・ハンバーグ』にかけて、いっただきま〜〜〜す。

とてもいける味ですよ、これは。
トマトケチャップに比べると、少しさわやかさに欠けるものの、根菜のうまみと、りんごの香りがほんのりしています。冬に使うケチャップとしては、最高〜〜雪exclamation×2
posted by 料理長 at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/2645793
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック