2009年03月03日

アレキーパ料理

いよいよ今回の旅も、最終段階に入りました。

12月16日の朝、長距離バスで私たちはプーノを出発しました。
目的地はペルー第2の都市「アレキーパ(Arequipa)」です。
地図はこちらを見てね。

ここは料理がおいしいことでも有名な町なんですよ。わーい(嬉しい顔)

アンデスのくねくね道(と言っても、全区間舗装してあります)をバスで揺られること、およそ6時間、アレキーパの町に夕方に着きました。
25年前にも同じ区間をバスで通ったことがありますが、その当時は全区間未舗装のがたがた道で、時間も10時間くらいかかりました。
夜行バスだったんですが、遥か彼方の谷の下に「アレキーパ」の町の明かりが見えるのですが、なかなか近づかず、結局明るくなってだいぶたってから町に着いたことを覚えています。
その頃から比べると、今のペルー旅行はものすごく快適になりました。
隔世の感があります。

IMG_1977-1.jpg
夜のアレキーパのアルマス広場です。
この町は、近くで取れる「火山岩」で出来ています。
その色が「白」いので、「白亜の町」と呼ばれているんですよ。
町が白くて、とてもきれいです。ぴかぴか(新しい)

さて、本場のアレキーパ料理を食べようと言うことになり、アレキーパでもかなりの高級レストランに足を運んでみました。
さて、どれを食べようかな〜〜〜

IMG_1967-1.jpg
前菜です。
「マサ・クロカンテ」と言います。
トウモロコシ粉で作った、薄い「タコス」のような料理です。
アボカドディップとともにいただきます。
これはなんとサービスについているんです。
パリッとした食感と、それをアボカドのバターのような風味と一緒に食べると、とえもいわれぬおいしさが口の中に広がります。揺れるハート

IMG_1968-1.jpg
サラダは、「サラダバー」になっていたので、たっぷりと盛ってきちゃいました。モバQ

IMG_1969-1.jpg
「オコパ・ア・ラ・アレキペーニャ」という長い名前の料理です。
茹でたじゃが芋にアレキーパ独特のソースをかけていただきます。
そのソース、玉ねぎとニンニクをオリーブ油で炒め、ミルクとピーナッツと、「ワカタイ」という「ヨモギ」に似たアンデス独特のハーブに「アヒ・アマリージョ」という中辛位のと黄色い唐辛子を入れ、ミキサーにかけて作るんです。
これは本当においしいソースです。
でも、このレストランのものは、ちょっとピーナッツが多すぎました。もうやだ〜(悲しい顔)
こってりしすぎに感じたんですが、アレキーパの人は、このこってりなのが好きなのかもしれませんね。

IMG_1970-1.jpg
こちらもアレキーパのトラディショナルな料理の一つ、「ロコト・レジェーノ」です。
「ロコト」という、まるでパプリカのような唐辛子に肉などを詰めてオーブンで焼いた料理です。
今回は、肉ではなく、「川海老」をつめてあるものがあったので、みんなで一口ずつ食べてみることにしました。
「ロコト」は辛さに個体差が激しく、言ってみれば「しし唐」のような感じで、「あたり」となると、とても辛くてちっ(怒った顔)食べられたものではありません。
だから、はじめに恐る恐る端っこを少しかじって「味見」ならぬ「辛見」をしなければいけません。
今回は、中辛くらいで実にちょうどよい辛さでした。
ほっわーい(嬉しい顔)

IMG_1972-1.jpg
例のアンデスの定番アボカドサラダの「アボカドのお庭」(パルタ・ア・ラ・ハルディネーラ)です。
高級レストランだけあって、盛り付けが派手で楽しいです。
そしておいしいっexclamation×2

IMG_1971-1.jpg
川海老料理の「チュッペ・デ・カマロン」です。
アレキーパは標高2300mの内陸部にあるのですが、近くの川で獲れる「川海老」が名物料理になっています。
川海老のレシピは相当たくさんありますが、これはその代表的な料理の一つです。
今回は、ベジタリアンではない人が3人もいるし、味を確認するのに、ぜひ一口は食べてみたいので、色々と川海老料理に手を出してしまいました。
でも、味を見るのはとても大切ですから・・・(言い訳みたいですねえモバQ
この「泡海老のリゾット」、なんだか懐かしい味がしました。

IMG_1974-1.jpg
最後はやはりアレキーパ名物料理の「ピカンテ・デ・カマロン」です。
これは「川海老のクリームカレー」みたいな料理です。
25年前にこの町でこれを食べたときに、実ははまってしまい、ほぼ毎日、同じレストランでこの料理を食べたことを思い出しました。
それほどお気に入りだったんです。
今日のこのレストランのものは、ちょっとじゃが芋が多すぎです。
味も25年前のもののほうがおいしかったような気がします。
でも、25年前に食べたレストラン、何処にあったか、さすがに思い出せませんでした。

あ〜〜、今日は長距離バスの疲れもあったけれど、とても満足でおいしくいただきました。
ご馳走様猫
posted by 料理長 at 09:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 2008年アンデス食べ歩き
この記事へのコメント
ボリューム満点でおいしそうですね☆

アレキーバ料理って秋葉系の料理かと思いました;(?)
Posted by mercur at 2009年03月03日 11:04
mercur さん、こんにちは。
わっはっは〜〜「秋葉系の料理」だって。
笑わせていただきました。
アレキーパ、「BA」ではなく「PA」ですから。
「バ」と「パ」、パソコンだと見分け辛いですね。
Posted by 料理長 at 2009年03月04日 18:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27334060
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック