2009年03月04日

アレキーパのベジレストラン

アレキーパの中心の「アルマス広場」から数ブロックほど歩いたところに、ベジタリアン・レストラン「マンダラ」があります。
なんだかアジア系のような名前ですが、お昼を食べに行って見ました。
IMG_2043-1.jpg
アレキーパ特有の白亜の建物の一角に、「マンダラ」はありました。
さて、どんな料理が食べられるでしょうか。
わくわくしながらお店に入りました。


ちょうどお昼と言う事で、セットメニューを注文しました。
色々と付いていて、たったの6ソーレスです。(1ソーレス=33円)
IMG_2039-1.jpg
まずは前菜から。
「酢漬けの野菜」、「食パン」、「セドロンのお茶」(アンデスのハーブです)、「ヨーグルト」です。

IMG_2040-1.jpg
スープは「ソパ・デ・チョチョーカ」という、なんだか早口言葉みたいな名前のスープです。
「チョチョーカ」は、トウモロコシの粉を炒った物のことで、それをスープのとろみ付けに入れるんです。
アンデス野菜ととうもろこしのどろっとした、とてもおいしいスープでした。わーい(嬉しい顔)

IMG_2041-1.jpg
メインディッシュは、なんだか中華みたいです。
大豆蛋白入りチャーハンと焼きそばのコンビネーションです。
本当、ペルーって中華が浸透しているんですね。

IMG_2042-1.jpg
デザートは、豆乳のプリンです。
これ、シンプルだけど、なかなかおいしいです。わーい(嬉しい顔)
posted by 料理長 at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年アンデス食べ歩き
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27362126
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック