2009年04月13日

花ふさ

4月2日のことです。
九州2日目の私たちは、この日、実家のある宮崎に向かいます。
でも、その前に、ぜひ行ってみたいマクロビオティックのレストランがあるので、お昼を食べに行くことにしました。
といっても、このレストランは「完全予約制」です。
実は予約しておいたんだもんね・・るんるんるんるん

場所は、福岡市の「大濠公園」のそばにあるんです。
IMG_2878.JPG
大濠公園の桜が満開を少し過ぎたくらいでした。
とても綺麗な桜の中を、散歩がてらい歩いていきます。猫

IMG_2879.JPG
やってきました、お目当てのレストラン(と言っても、料理屋と書いてある)「花ふさ」。
お城のすぐ近くの、閑静な住宅街にありました。

この「花ふさ」さんの情報は、だいぶ前のマクロビオティックの雑誌で読んだことがありました。
その中で、お店のご主人が言われていた一言が、タンボロッジの料理にかなり影響を与えたんです。
その一言とは・・・
「昆布の出しは、低い温度でじっくりとるとおいしいんです。70℃くらいで10時間・・・・」
その1行を読んで以来、タンボロッジでも真似っ子しています。
タンボロッジのスープがおいしいとお客さんによく褒められるのは、この「花ふさ」さんの一言からなんですよ。
だから、その「本家」には絶対行ってみたいと思っていたんです。
その夢がかなって、この日はとてもうれしかったです。わーい(嬉しい顔)

レストランではさっそく、タンボロッジの出汁のお師匠さん、花ふささんのお昼のコースの始まりです。
IMG_2880.JPG
「にんじんと昆布出汁のお豆腐、つわぶき、つくしの胡桃和え、菜の花のからし味噌、生湯葉」の前菜です。
さっそくお師匠さんの昆布出汁の登場です。
が〜〜〜んどんっ(衝撃)
衝撃的なおいしさです。

IMG_2883.JPG
その「昆布だし」のおいしさをいかんなく発揮した、お吸い物。
もう本当に声も出ないほどおいしいです。
どうしてこんなにおいしいか???exclamation&question・・・・・
後で聞いたんですが、「土鍋」で出汁をとるようになったそうです。
土鍋に変えてから、いまひとつおいしくなったらしい・・・・。
が〜〜〜んがく〜(落胆した顔)
今度はその「土鍋」を真似しなければ・・・・
でも、ちょっと無理かも・・・とほほほほもうやだ〜(悲しい顔)

IMG_2884.JPG
ゴマ豆腐です。
ここにもその「出汁」が使われています。
すごいな〜〜〜

IMG_2886.JPG
季節もの、山菜の天婦羅です。
タラノ芽、たけのこ、にんじん、大徳寺麩。
天つゆにも出汁が・・・・

IMG_2890.JPG
ヤーコンとワラビの酢の物です。
もうワラビが出ているとは・・・・
やはり南会津と大違いどんっ(衝撃)
さすがは南国ですね。

IMG_2894.JPG
筍、人参、椎茸、湯葉、蒟蒻、牛蒡、蓮根、蕗の重ね煮。
ばくつく支配人です。
おいしくて、無言でパクパク食べちゃいました。モバQ

IMG_2897.JPG
五部搗き米の筍と蕗ご飯にお漬物、梅干です。
本当に昆布出汁をたくさん使って、うまみがおいしいご飯になっています。

IMG_2902.JPG
さて、お菓子です。
タンポポコーヒーと黄な粉もち。
お菓子の担当は、奥さんだそうですよ。
ほんのりとしたおいしい甘さのお団子です。

食べ終わって、とても満足です。
本当に出汁が効いていて、うまみがあり、どれもおいしかったです。
特に、お吸い物が衝撃的でした。

食後、料理を作って下さったご主人と、ゆっくりとお話しすることができました。
このお店は、優しい感じの奥様と、ご主人とお二人でやっているそうです。
ほのぼのとしたお店。
ぜひ機会があったら、もう一度食べに行きたいと思います。
いやっ、絶対また来るわん。犬
前の日の「ミノリアン」といい、この日の「花ふさ」といい、福岡を訪ねる楽しみが増えました。
これから宮崎への里帰りは、福岡経由になりそうです。ぴかぴか(新しい)

なお、「花ふさ」さんについては、こちらを参考に見てくださいね
posted by 料理長 at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28453416
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック