2009年07月05日

炒り卵もどき

今日の朝食に、「炒り卵」もどきを作りました。
結構おいしいですよ。るんるん
IMG_3598.JPG
見た目も鮮やかひらめき
卵の雰囲気です。

では、今日はそのレシピを公開しましょう。


材料・・(2〜3人分)・・・・・

木綿豆腐・・・半丁
玉ねぎ・・・・中くらいのもの・・半分
くず粉・・・小さじ1
豆乳・・・大匙1
菜種油、またはオリーブ油・・・少し
ターメリック・・・ほんの少し
ヒマラヤのブラックソルト(または「キパワーソルト」)・・少し


作り方

(1)・・木綿豆腐は、冷凍庫に入れ、よく凍らしてから解凍し、みじん切りにしておく。
(2)・・玉ねぎはみじん切りに。
(3)・・フライパンに菜種油を入れて火にかけ、中火で玉ねぎを炒める。
(4)・・玉ねぎに火が通ったら、(1)を入れ、ぽろぽろの感じまで、じっくりいためる。
(5)・・ターメリックを入れ、色がついてきたら、豆乳で溶いたくず粉を入れ、よく混ぜる。
(6)・・とろみがついたら出来上がり。

食べる直前に、ヒマラヤのブラックソルト、またはキパワーソルトをかけていただきます。

ヒマラヤのブラックソルトは、「硫黄」(硫化水素)の香りがします。
それが卵らしさをより鮮明にしてくれるんです。

ヒマラヤのブラックソルトについては、「こちら」を見てくださいね。

さて、出来上がった炒り卵もどきに、夏らしく、タンボロッジ自家製のトマトケチャップをかけて、「いただきま〜〜す。」わーい(嬉しい顔)
posted by 料理長 at 22:30| Comment(4) | TrackBack(2) | マクロ料理レシピ集
この記事へのコメント
いつもながらにおいしそうです
隣のトマトを一緒に炒めると私の大好きな
なんちゃって西紅柿炒鶏蛋(いわゆるトマトの卵炒め)になりますね
Posted by 中年爆走族 at 2009年07月06日 10:32
おひさしぶりです。
もどき料理、というジャンル?では
料理長の右にも左にも出る者はいないと思います!!
硫黄っぽいお塩の味と楽しいおしゃべりを、思い出します♪

今年も夏休みの予定が立ちそうです。
またお世話になりたいと計画してます。
明日にでもお電話しま〜す♪
Posted by くろ。 at 2009年07月06日 21:50
なるほど。
硫黄味の岩塩は使っていて、しかも卵みたいな味だね、なんていつも話しているのに、偽タマゴに使うことは思いつきませんでした。
Posted by kawauso999 at 2009年07月07日 17:16
中年爆走族さん、こんにちは。
なるほど、西紅柿炒鶏蛋ができますね、これで。
今度やってみます。
いいヒントをありがとうございます。




くろ。さん、こんにちは。
もどき料理って、楽しいですね。
もうはまってしまって、やめられそうにありません。
きっと世間では「変人」扱いされている感じがしますけれど…・
夏休み、お待ちしていま〜〜〜す。




kawauso999さん、こんにちは。
そして、トラックバックをありがとうございます。
さっそく「承認」いたしました。
・・・
この「卵の香り塩」、卵系のもどき料理に大活躍しています。
ほんとにおいしくなりますからね。
トラックバックの卵もどき料理、参考になります。
どうもありがとうございます。
Posted by 料理長 at 2009年07月10日 23:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30326387
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

オムライス
Excerpt: 卵を食べない菜食者だって、オムライスを食べたくなることはある。 だからたまには卵を食べる、ということは決してしない。 卵を使わないで卵料理をつくる。 リンクは随時追加していきます。 *おすすめテクニ..
Weblog: 札幌で菜食
Tracked: 2009-07-07 17:20

朝食 れんこんバーグ
Excerpt: 1日のうちで一番好きな食事は朝ごはんです。パンをいただくことが多かったのですが、最近はもっぱら、ご飯です。朝ごはんは みんな家を出てから、新聞を読みながらゆっくりといただきます。自分にとっては一番贅沢..
Weblog: おいしいマクロビオティック
Tracked: 2010-12-13 12:36