2009年11月26日

りんごの加工

またまた会津若松の白井農園の低農薬のリンゴをGETexclamation
今回の品種は「王林」。
青リンゴですが、酸っぱいわけではなく、甘くておいしいリンゴです。
大きさも、前回の紅玉と比べると大きいので、皮むきが楽ちんで〜す。るんるん

IMG_4639.JPG
さて、例によって地道な仕事、皮むきと刻みが始まります。
何しろ、10kgあるので、まあ気長にやりましょうね。

そして、塩をまぶして鍋に入れ、弱火でゆっくりと煮ました。
それをまたまた例によって脱気殺菌して瓶詰め。
IMG_4658.JPG
さあ、出来ました。(実際は16瓶あります。)

さて、あとは12月に「フジ」を加工すると、タンボロッジのリンゴの加工はおしまいになります。
やっと先が見えてきて、ホッと一息といったところです。わーい(嬉しい顔)
posted by 料理長 at 11:22| Comment(0) | TrackBack(1) | タンボ・ロッジの加工品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33866846
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

マクロビオティック
Excerpt: マクロビオティックの基礎知識について
Weblog: マクロビオティック.com
Tracked: 2010-02-28 20:42