2009年12月15日

さこんうえの蛙(かわず)

宮崎のカフェ・ド・ナチュレをあとにした私たちは、熊本県の南小国町にある農家民宿「さこんうえの蛙」へ向かいました。
ここは農家がやっている民宿で、出てくる料理には、肉や魚を使っていません。
そして、今回私たちは電話で、「乳製品や卵、砂糖も使わないで」とお願いしたら、宿のおばちゃんが「はいよexclamation」という感じで、気軽にリクエストにこたえてくれました。
ありがたいですね。
そして、楽しみです。

IMG_4751.jpg
阿蘇山の外輪山を通り頃には、短い冬の日はもう傾き始めていました。

宿に着いたのは、もう暗くなってからです。
空は満天の星ぴかぴか(新しい)
テレビもラジオも部屋にはなく、とても静かに過ごせます。

では、楽しみな夕食です。
うれしいな〜〜〜るんるん
IMG_4757.jpg
自家製雑穀のリゾットです。
鍋のまんま出てくるなんて、さすがは「農家民宿」どんっ(衝撃)
雑穀が7種類くらい入っているということですよ。
なんでも今年はおばちゃんが、イタリアに旅行して、そこで食べたリゾットのおいしさにはまってしまったとかどんっ(衝撃)
それで、一番最初にオリジナルリゾットが出てきたんですね。
体が温まり、とてもおいしいです。

IMG_4760.jpg
次は味噌仕立ての「鍋」。
自家製野菜たっぷりの具が入ります。
もちろん味噌も自家製。

IMG_4761.jpg IMG_4762.jpg
煮もの(左)
和えもの(右)
野菜はすべて自家製。
砂糖を使わずとも、おいしいですよ。

IMG_4764.jpg IMG_4766.jpg
自家製高キビのハンバーグ(左)
自家製野菜の天婦羅(右)
砂糖抜きなので、「天つゆ」ではなく、自然塩をつけてくれました。
これに自家製ご飯が付きました。

もうお腹いっぱいどんっ(衝撃)
これ以上食べられないったらーっ(汗)たらーっ(汗)

IMG_4768.jpg
少しおなかがこなれた後に、「五右衛門風呂」に入りました。
表通りからだいぶ入った地域なので、とても静かです。
湧水が滴り落ちるしっとりとした音たらーっ(汗)
やや欠け月満月に近い明るいお月さんと雲の流れ曇り
遠くで犬が時々鳴いている鳴き声犬
それしか聞こえてきません。
とても静かな心休まるひと時です。
いい気分(温泉)五右衛門風呂で体もほかほかです。

私たちの「マクロビメニューで」というわがままを気軽に聞いてくださったおばちゃん、本当にありがとうございます。
そして、とてもおいしかったです。
満足した一日がこうして更けていくのでした。三日月
posted by 料理長 at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34211644
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック