2009年12月22日

花ふさ

さて、宮崎里帰り休暇も終わりが近づいてきました。
この日(12月8日)、私たちは、朝早くに延岡発の高速バスで博多へと向かいました。
そして、夕方に向かったところは、前回(4月)にいって以来、あまりのおいしさにはまってしまったマクロビオティックの精進料理を出してくださる「花ふさ」さんです。

「花ふさ」さんについて詳しくは、前回の時の記事をご覧ください。
(ここをクリックしてね)

さて、前回はお昼だったけれど、今回は夕食をいただくことになっています。
どんな料理が出るか、楽しみだな〜〜〜るんるんるんるん

IMG_4816.jpg
前菜です。
人参豆腐と湯葉は前回と同じだけれど、その他が冬らしくなっています。
これも前回同様、昆布だしのおいしさで、とてもおいしいexclamation×2

IMG_4818.jpg
カブのスープです。
これは、めちゃくちゃおいしいexclamation×2exclamation×2
なんでこんなにおいしいのかexclamation
土鍋で低い温度で長時間とる「昆布だし」のおいしさどんっ(衝撃)
言葉も出ないほどです。
私はこれを、本当にじっくり味わっていただきました。
あ〜〜幸せなひと時わーい(嬉しい顔)

IMG_4819.jpg IMG_4821.jpg
胡麻豆腐と生麩の田楽です。

IMG_4823.jpg IMG_4826.jpg
冬野菜の天婦羅と酢のものです。
「酢」と言っても、柑橘酢を使っています。

IMG_4828.jpg
そしてメインは、おいしい美味しい昆布だしの「鍋」。
これにご飯が付きます。
もう本当においしくて、至福のひと時です。ぴかぴか(新しい)

IMG_4831.jpg
デザートはシンプルに、甘いさつま芋の上に、紫のさつま芋のペーストが絞り出してありました。


こんなにたくさんいただいて、この日は大満足です。るんるん


この日、夕食のお客さんは贅沢にも私たちだけでした。
そのせいもあって、花房さんご夫婦と、夜遅くまで話し込んでしまいました。
なんだかこの日はすごく贅沢で、楽しいひと時を過ごすことができました。
花房さん、本当にありがとうございます。
また近いうちに伺いたいな〜〜〜
と言いたいところだけれど、何しろ福島県と福岡県ですから、同じ「福」が付くからと言っても、そう簡単には来れないですからねえ。
とほほほほ〜〜〜もうやだ〜(悲しい顔)
posted by 料理長 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34343143
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック