2010年01月24日

マッシュかぼちゃの詰め物

ペルーには「カウサ・レジェーナ」と言う料理があります。
マッシュポテトにオリーブ油を入れ、レモン果汁とニンニクで味付けしたものを「カウサ」と呼びます。
そして、「レジェーナ」は、「詰め物」という意味です。

IMG_2050.jpg
じゃ〜〜〜んexclamation
これが本場、ペルーのちょっとおしゃれなレストランで食べた「カウサ・レジェーナ」です。きれいな盛り付けですよね。ぴかぴか(新しい)

昨日は、それを真似っこしてみました。
と、言っても、今は冬。雪
寒い季節に「陰性」のじゃが芋を使いたくはありません。(じゃが芋って、夏野菜ですからね)
なので、ほくほくのカボチャを替わりに使ってみました。

IMG_5129.jpg
真似っこ「カウサ・レジジェーナ」です。
マッシュポテトじゃなくても、マッシュかぼちゃでも十分においしいです。わーい(嬉しい顔)

でも、盛り付けは・・・
ペルー人のほうが上手だった・・・とほほほほ〜〜〜もうやだ〜(悲しい顔)

言いわけ・・・
だって、赤ピーマンは年中フレッシュなものがあるし、レモングラスだっていつでもあるし、要するに、ペルーの食材は「豊か」ということなんです。犬
posted by 料理長 at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34917288
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック