2007年03月24日

料理教室(2)

料理教室その2です。
まず、『甘酒ラテ』の試飲です。
slow20074-1.jpg
皆さん、いっせいに飲みましょうね。

『ラテ』と言うのは、イタリア語で『ミルク』のことですね。
「甘酒ラテ」・・・要するに、甘酒の豆乳割ということです。簡単ですね。でも、甘酒って、意外と豆乳にあうんですよ。

さて、洋ナシのタルトを作ります。
タルト生地を作り、それを型に伸ばし、そこに洋ナシと甘酒を混ぜた中身を入れ、オーブンで焼きます。
まずは中身を混ぜ混ぜしましょう。

DSCN8829-1.jpg
生地を伸ばしたタルト型に、中身を流し入れます。

さっ、焼きあがりました。
DSCN8841-1.jpg
おいしそうですね。

気になるレシピを公開しますexclamation

レストラン甘酒と洋ナシのタルト(21cmのタルト型分です)


材料
(タルトの生地)
全粒中力粉・・140g(振るっておきます)
オリーブ油・・50cc
水・・50ccくらい
自然塩・・少々

(中身の分)
甘酒(米麹100パーセントで作った)・・100cc
おいしい調整豆乳・・100cc
寒天パウダー・・2g
薄力粉・・大さじ2
オリーブ油・・大さじ2
自然塩・・2つまみくらい
洋ナシ・・2〜3個
白ワイン・・大さじ2

作り方
(*)タルトの生地を作る。
タルトの生地材料をすべてボールに入れ、よ〜〜くこね、耳たぶくらいの柔らかさになったらラップに取り、冷蔵庫でしばらく寝かせておく。

(*)中身を作る
(1)・・洋ナシは、皮を剥き、小さめに切って白ワインで煮ておく。(シロップ漬けの缶詰を使ってもOK。今日は自作の瓶詰めを使います。)
(2)・・21cmのタルト型に、冷蔵庫で寝かせていた生地を伸ばしておく。
(3)・・洋ナシ以外の材料をミキサーで混ぜ、ボールに入れ、洋ナシと混ぜて(2)の中に入れ、平らにする。
(4)・・180℃に暖めたオーブンで、約30分〜40分焼く。
(5)・・よく冷まし、型からはずします。

*寒天で固めるため、必ず冷やしてからはずすこと。
寒天を使うことにより、小麦粉の使用量が減るので、カロリーを抑えることが出来ます。だから・・ヘルシーexclamation×2
posted by 料理長 at 09:41| Comment(2) | TrackBack(0) | マクロ料理レシピ集
この記事へのコメント
お料理教室、ありがとうございました。砂糖を使わずにあんなに甘くできるなんて、本当に驚きでした!そして、全粒粉のタルト生地、素朴な味が良かったです。思いの外、簡単に生地ができました。中身を他のものにしても美味しそうですね。

それにしても、ちょっと写りすぎじゃないかしら?と思うほどで、びっくりしてしまいました!カラメルシロップの味見まで撮られていたとは・・・。

帰ってからすぐにお茶を飲みました。甘いものには、やっぱりお茶がほしかったですね。前回参加したときはコーヒーがあったような気がしたのですが・・・?(でも、私はコーヒーが苦手なので、結局飲めませんが)
Posted by Kozue at 2007年03月25日 13:59
Kozueさん、教室参加をありがとうございます。
カメラマンは抜け目がありませんから、味見もしっかり写ってしまいましたね。

確かに、甘いものばかりで、自分でも、『お茶が欲しい!!』になってしまいました。
今度はその辺も考えなければいけませんね・・・。
Posted by 料理長 at 2007年03月26日 13:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3587920
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック