2007年04月14日

唐松の後始末

ひとまず伐採を終え、今日からは後始末です。
DSCN9021-1.jpg
こんな感じです。なんだか「北の国から」の雰囲気になっていますね。まるで「開拓」している感じです。
なぜ急いで倒したかと言うと、「新月」に向かっているときに倒した木は、狂いが少なく、まき割りも楽だからなんです。そうでなくても、唐松は狂いやすい(ねじれる)木なので、こうして日にちを選んで切り倒さなければいけません。
でも、今日は早く切り上げて、お休みしようと思います。
あ〜〜筋肉痛に肩こり・・・もうやだ〜(悲しい顔)
温泉に行きたいなあ。いい気分(温泉)
posted by 料理長 at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3734997
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック