2007年04月24日

薪作り

やっとタンボロッジの裏の唐松が薪になる時がやってきました。
DSCN9111-1.jpg
薪の長さに玉切りし、積んでみたらこんなにたくさんexclamation&question
これを薪割するのかと思うとちっ(怒った顔)こんな感じ、がく〜(落胆した顔)それともこれかなあ、もうやだ〜(悲しい顔)これもいいかな。と言う所で、さてこれから薪割り、がんばります。どんっ(衝撃)
posted by 料理長 at 09:37| Comment(5) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳
この記事へのコメント
それはお疲れ様です。
こちらは2月からの超過密な仕事もひと段落。母の日までちょっとのんびりしています。
薪作り、頑張ってください。
Posted by 風花 at 2007年04月24日 12:53
風花さん、お久しぶりです。
ゆっくり出来るんですね。それはおめでとうございます。

薪割りはぼちぼち、あまり気合を入れると疲れるのでのんびりやっていきます。
励ましをありがとうございます。
Posted by 料理長 at 2007年04月25日 14:23
お久しぶりですo(^-^)o

先月若ガスで行われた料理教室に参加した者です。
その中で一番年齢の若かった私、と言ったらお分かりになるでしょうか!?

先生、お世話になりました。楽しかったですよ。
私も、毛布でくるんでコタツの中で育つ=糖化するモノを作っていたのを思いだします。最近は気持ちなどの余裕がなく、作っていませんが。

先生のお菓子、と言うか食事代わりにしても満足できるメニュー、気に入ってしまいました♪

そのうち遊びに(あ、予約して宿泊ということで)行きますε=ε=┏( ・_・)┛
それまで楽しみに、また、教室でお会いできたら嬉しいです?
Posted by つぼみ at 2007年04月26日 10:56
いま送ったコメント、最後モジバケしてました。ごめんなさい、料理長m(_ _)m
Posted by つぼみ at 2007年04月26日 10:57
つぼみさん、コメントをありがとうございます。
こういうコメント、本当にうれしく、励みになります。
これからも楽しく色々なおいしいものを作っていきたいと思います。
ありがとうございます。
Posted by 料理長 at 2007年04月27日 11:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3827433
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック