2010年07月01日

松本塾 師範科2日目

さて、松本塾 師範科2日目です。

IMG_5993.JPG
受講生で作った朝食が終わり、まずは松本先生の講義が始まりました。

その後、さっそく昼食の調理実習です。
IMG_5996.JPG
乾麺を輪ゴムで止めて、どうしようというのでしょうか??

IMG_6014.JPG
それはこうなりました。
「庄内麩の紫式部巻き」。
束ねて茹でないと、ばらばらになってこんな風に整えられませんからね。
素晴らしい工夫です。
真似しなくっちゃ猫

IMG_6034.JPG
昼食です。
餃子のスープ煮、先ほどの庄内麩の紫式部巻き、豆乳の茶わん蒸し、ひじきの白和え、すき焼き風(煮物)
です。
どれもおいしい!!どんっ(衝撃)




IMG_6066.JPG
夕食の部です。
これは「アボカド寿司」
3分づきの寿司飯に、こってりのアボカド。
久しぶりのお寿司にうれしくなっちゃいました。

IMG_6073.JPG
夕食の部、並びました。
アボカド寿司、巻き湯葉の葛とじ、食養春巻、南瓜のコロッケ、豆乳と苺の寒天寄せ。

すべての料理に様々なコツや工夫がありました。
とても勉強になり、おいしい1日ににっこり。わーい(嬉しい顔)
さて、明日はまたどうなるか、とても楽しみです。るんるん
posted by 料理長 at 23:33| Comment(2) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理
この記事へのコメント
松本先生の実習って、試食の量が、
結構がっつり系ですね。

「紫式部巻き」、初めて聞きました。
和食は奥が深いです。
Posted by papa at 2010年07月02日 10:22
papaさんこんにちは。
かなりいろいろと作りましたからね。
でも、先生曰く、いろいろとみんなに伝えたいからたくさんになっちゃうそうです。
「普段はこんなに連続して食べてはいけません」だって・・・・・
「紫式部」と言うのは、先生が「黒米」の粉を入れて作っている「うどん」の名前なんです。
だから、この麺を普通のうどんに変えると「うどん巻き」って呼ぶんでしょうか???
ちょっと味気ない名前だな〜〜〜
Posted by 料理長 at 2010年07月02日 23:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39391763
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック