2010年07月31日

もちトウモロコシ

宮崎県の日向市の支配人の実家から、今では珍しくなった「もちトウモロコシ」が送られてきました。
これは、「地種」で、自家採種してつないできた貴重な種から作ったトウモロコシです。

トウモロコシには「うるち」と「もち」があります。
お米のそれと似ていますね。
「もち」品種は、本当にもちもちしています。
原産地のメキシコでもアンデスでも、トウモロコシと言えばもっぱらこの「もち」品種のことを言い、「うるち」品種は極めて少ないんですよ。
日本って、特殊な国なんだな〜〜〜がく〜(落胆した顔)

IMG_6340.jpg
そんな「もち」トウモロコシを入れた、アンデスのスープを作ってみました。
ボリビア中部の「チュキサカ」地方のトラディショナルなスープです。
南瓜をとろけるほど良く煮込んで、色が黄色くておいしそうぴかぴか(新しい)
(おいしかったですモバQ)。
posted by 料理長 at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39907635
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック