2007年05月21日

ヨモギ摘み

今日はど快晴晴れ晴れ
タンボロッジの裏の林にヨモギを摘みに出かけました。
DSCN9525-1.jpg
ありました。一面の「ヨモギ」

にっこりしながら摘む支配人です。

さて、このヨモギ、タンボロッジではいろいろと使います。
アンデスのハーブ「ワカタイ」(英語名ではブラックミントと呼ぶそうです。)に似ています。
「ワカタイ」は日本では、瓶詰めのペーストがわずかに少しペルーから輸入されているだけ、しかも添加物が使われているし、一般的には出回っていません。
ですから、野生のヨモギを採取して、その代わりに使おうと言う算段をしたんです。

さて、これから陰干しして、粉にして保存するつもりです。つまり、ヨモギ餅に使う「ヨモギ粉」を作るのと一緒ですね。
これを「豆乳」や「ピーナッツ」を入れたクリーミーなアンデス風ソースに入れると、アンデス精進料理が出来るんです。
ヨモギが乾くのが楽しみだなあ。キスマーク
posted by 料理長 at 18:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 登山&温泉&散歩
この記事へのコメント
わぁ〜ステキな笑顔ですね☆
私よく「東京の人は冷たい」って言われちゃうんですけど都会の道でニコニコしてたら変人さんだと思われちゃうし…(笑)自然にでる笑顔ってステキです☆早く癒されたいです6月7月休みあったら行きま〜す☆

ヨモギも大好きキラキラだ〜☆
Posted by MIKIMIKI at 2007年05月22日 10:27
MIKIMIKIさん、コメントをありがとうございます。
そりゃ〜収穫物を前にして、「にっこり」してしまうのは、とても自然な姿だと思います。
でも、こんな感じで色々なものが周囲にあるなんて、なんて幸せなんだろうと、いつも自然の恵みに感謝しているんですよ。
今日は「ふき」を摘みました。やはり春はすごく楽しいです。
このところの暖かさで、「エゾハルゼミ」が鳴きはじめました。
Posted by 料理長 at 2007年05月22日 21:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4069429
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック