2010年10月19日

ペルー風べジ・そぼろ丼

IMG_6972.jpg

べジ仕様のそぼろ丼です。
ベースは「豆腐」から作るんですが、豆腐の水分を徹底的に飛ばさなくてはいけません。
だからかなり地道な仕事・・・・もうやだ〜(悲しい顔)

玉ねぎとニンニクをフライパンで炒めて、火が通ったら、木綿豆腐と少しのトマトピューレ、レーズン、砕いたカボチャの種などを入れ、あとは地道に炒め続けるだけなんです。
くれぐれも焦がさないように・・・・。

でも、かなりお肉のそぼろに近いですよ。
これなら「大豆蛋白の挽き肉タイプ」も使わないで済むし、とてもおいしいです。わーい(嬉しい顔)

ご飯の真ん中にそぼろをサンドする盛り付けが「ペルー風」わーい(嬉しい顔)
あっ、キャベツに隠れていますけれど、下の方はご飯ですから・・・・ね。モバQ
posted by 料理長 at 09:17| Comment(5) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理
この記事へのコメント
こんにちは、いつもレシピ楽しみにしています!
そぼろ丼おいしそうですね〜
私はいつも高野豆腐をミキサーにかけてそぼろ風の物を作るのですが、豆腐でもやってみようかと思います。

Posted by けいのすけ at 2010年10月19日 10:11
ペルー料理をマクロビにアレンジされているんですね!
世界各国の料理をマクロビ仕立てに作るのは
とても楽しく、ワクワクします。
このブログを読むと創作意欲がかきたてられ、
いつも本当に楽しいです☆
まだ、私は世界の料理に詳しくないので、
もっとお勉強しようと思います!
Posted by みぃすけ♪ at 2010年10月19日 12:00
けいのすけ さん、こんばんわ。
このブログを見てくださって、ありがとうございます。
「高野豆腐」から作るんですか・・・なんだか煮詰めなくていいので、手っ取り早そうですね。
さすがです。




みぃすけさん、こんばんわ。
そう、わたくし、とにかくアンデスの料理にはまっている「オタク者」です。
どうぞよろしくお願いいたします。
料理は「勉強」と言うよりは、まずは楽しんで、それが身に付いてくるのが一番ですね。
どうも学業が苦手だった私は、「勉強」=「つまらないもの」というイメージが付きまとってしまうので、すべて楽しいことからやっていきたいと思っています。・・・・
とか何とか言いながら、「食い意地」が張っているのが取り柄のわたくしです。
Posted by 料理長 at 2010年10月19日 23:22
お久しぶりです。
ようやくこちらに伺えました。
いつぞやの教室以来です。あのスイーツを思い出すたびにタンボさんに行きたいなと思います。季節も根菜の食材で食欲をそそります。

遅くなり申し訳ありません。ありがとうございます。
そぼろ、作り方自体は難しくないんですね!キャラメル風クリームや小豆かぼちゃなど火の前に長時間立つのは耐えられます!
作ったらまた報告致します!
Posted by あきな at 2010年10月23日 09:48
あきなさん、こんにちは。
あきなさんが健康的に変わっていくのを見ているのはとてもうれしいです。
これからも少しずつマクロビオティックを実践されてくださいね。

Posted by 料理長 at 2010年10月28日 20:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41397528
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック