2010年12月26日

金柑

12月7日です。
楽しかった「九州里帰り・リフレッシュ休暇」も、いよいよ日向の支配人の実家を出発し、帰途につく日がやってきました。
帰りに福岡に寄って、食べ歩きする予定ですが・・・モバQ

いつも実家の庭に、たわわに実をつける「金柑」に木があります。
しかし、去年は、花が咲く時期に雨雨ばかりだったらしく、受粉しないのでほとんど実が入りませんでした。もうやだ〜(悲しい顔)

IMG_7438.jpg
今年は少しは状況がいいみたいで、結構実っています。ぴかぴか(新しい)
ではさっそく、収穫しちゃうもんね。わーい(嬉しい顔)

IMG_7443.jpg
ありゃ〜〜〜〜どんっ(衝撃)
鳥につつかれているではありませんかexclamation×2
金柑は、ほかの柑橘と違って、「皮」の部分が甘いんです。
だから「ヒヨドリ」にやられるみたいです。
熟しているものから、無残につつかれていますよ、こんなにも。たらーっ(汗)たらーっ(汗)
こら〜〜〜〜猫と怒鳴ってやりたい心境あせあせ(飛び散る汗)

でも、義父さん曰く
「福島から毎年、でかい鳥が根こそぎ持って行っちょるから、まずはそいつを退治せないかんな〜〜〜パンチ
だって・・・・・
うわ〜〜〜退治しないでね・・・・猫

IMG_7445.jpg
でも、そのお隣には、こんなに大きな、しかもたわわに実をつけた「名前がわからない」ミカンの木が・・・
どうもこれは、鳥が種を運んできて、勝手に生えたらしい・・・・クリスマス
「ヒヨドリの恩返し」のようなお話でした。
こっちのミカンもおいしいんだよ。皮は渋いけれど、中身がおいしいexclamation×2
だから「鳥」が食べないんだな、きっと・・・

IMG_7553.jpg
そして時間は前後して、タンボ・ロッジに帰ってきました。
すぐに「金柑」のコンポートを作ります。
まずは、横半分に切って、種を一つ一つ楊枝でえぐり出す地道な仕事です。もうやだ〜(悲しい顔)

IMG_7555.jpg
自家製米飴を加え、しばらくしてから鍋でコトコト煮込みます。

IMG_7559.jpg
と言うわけで、「収穫から加工まで」、すべて自家製、しかも材料の米飴まで自家製の「超手作り」の「金柑のコンポート」の出来上がり。
すごく手間がかかるので、ほんのわずかしか作らなかったけれど、おいしいです。手(グー)
posted by 料理長 at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42261806
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック