2011年03月14日

油揚げとわかめの味噌汁

東北で起きた巨大地震。
今更ながら、被害の多さに呆然自失の状態です。
幸い私たちとタンボ・ロッジは無傷でした。
被害にあわれた方々、本当に大変な思いをされていると思います。
そして、石巻や相馬市に住む友人と今も連絡が取れません。
もうやだ〜(悲しい顔)みんなの無事を心から祈る日々です。

ところで、地震の後の人災が起こりつつあります。
それは福島第1原発の爆発事故。
相当の放射能が放出された模様です。
そして、まだまだ危険な状況が続いている模様です。
早く安全になってほしい・・・


以前に読んだ「体質と食物」と言う本を読み返してみました。
この本の著者の「秋月振一郎」と言うお医者さん、大正5年生まれの方で、長崎の病院に勤務中に被爆されました。
そして、原爆が投下された爆心地から1.8Kmにある病院で、焼け出された方たちの診療にあたっていたのですが、その時のスタッフと自分自身も、「被爆」したはずなのに、「原爆症」の症状が出なかったそうです。
それがなぜか・・・・・
そのことが「体質と食物」の中で述べられています。
その秘訣は・・・・

IMG_8001.jpg
「わかめと揚げの味噌汁」にありました。

秋月先生が勤務されていた長崎の病院は、「味噌」、と「しょうゆ」、「わかめ」などの緊急用の貯蔵施設も兼ねていたそうで、「被爆」直後からの活動の中で、それらを常食していたようです。
日本の伝統食って、すばらしいですね。
その記事を読むにつれ、最近味噌離れが続いていると嘆いていた福井県の「マルカワ味噌」の社長さんの顔を思い浮かべました。
そうなんです、今の日本人はあまり「味噌汁」を飲まなくなってしまったらしい・・・・・

今こそ昔に立ち返り、本物の味噌を使ったおいしい「味噌汁」に回帰するときです。
住んでいる場所がら、被曝は免れなかったとしても、この「わかめと揚げの味噌汁」が救ってくれるでしょう。

「わかめと揚げの味噌汁」は、毎朝「空腹時」に飲むのが一番効果があるということが、その本に記されています。

さあ、皆様、「ダイエットで朝抜き」なんて言っている場合ではありません。
朝1番に「わかめと揚げの味噌汁」を飲もうじゃありませんか手(グー)
posted by 料理長 at 12:00| Comment(5) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳
この記事へのコメント
料理長、心配しています。ブログアップしていて安心しましたが・・・原発、とても心配ですよね。原発、本当に恐ろしい。人への警告ですね・・・
Posted by ふっちん at 2011年03月14日 20:48
以前、タンボロッジさんにお泊りした時にその秋月さんの本を読ませて頂きました。そのことを今回、思い出し、お味噌汁の有難さをしみじみ感じていました。我が家は毎朝、味噌汁です。日曜日だけ、スープにしています。でも、今回は、日曜日もお味噌汁で乗りきっていこうと思っています。わかめも、油揚げも大切なんですね。具材のことまでは忘れていました。
それにしても、被災され避難場所にいらっしゃる方にも温かい油揚げとワカメのお味噌汁を差し上げたいです。
Posted by ぽんきち at 2011年03月15日 09:59
ふっちん さん、こんにちは。
そうなんです、まだまだ予断を許しません。
固唾をのんで見守るしかないのが悔しいです。
しかし!これを機会に、日本の「脱原発」が進んむ方向に向かうことを切に希望しています。
ご心配をしてくださって、ありがとうございます。




ぽんきちさん、こんにちは。
本当にその通りで、非難している「汚染地域」にいる方たちにこそ、必要なものですね。
これを機会に、「味噌離れ」が進んでしまった日本が昔に回帰し、「味噌復活」となるように進んでいってほしいと思っています。
Posted by 料理長 at 2011年03月15日 10:40
原発に比較的近いところに住んでいます。
もちろん汚染地域にいる方とは比べられませんが…。
万が一のとき、
自分が被爆してしまうのは仕方ないと思うのですが
子供被爆してしまったらどうしよう…
ととても心配で怖いです。

秋月さんも料理長さんも
どうしてそんなに心がお強いのでしょう?

怖がっても仕方ないとはわかりつつ
日々怖いです。

とにかく、毎日お味噌汁作ろうと思います。
お味噌汁美味しいですから♪
Posted by みに。 at 2011年03月15日 15:01
みに。さん、こんにちは。
近い所に住んでいるとのこと、それは心配でしょう。
しかし、心配は不安を生み、やがてパニックにつながっていきます。
今回のことで、「とにかく逃げよう」とする、もうほとんどパニックに陥ってしまった人を見かけました。
そうなると、ほとんど人のことを思いやる気持ちもなく、自分の都合だけで行動し、周囲に多大な迷惑をかけてしまっています。
これはいけませんね。
不安な心は不安を呼び込みます。
放射能を分解出来る生命力を身に付けることができれば、そんな不安はなくなります。
出来れば秋月さんの本を読まれることをお勧めしますよ。
Posted by 料理長 at 2011年03月16日 09:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43828716
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック