2011年04月21日

完熟マンゴー

「綾町」でのスイーツ教室の帰りに、ちょっと立ち寄ったところがあります。
今や宮崎で全国ブランドとなった「完熟マンゴー」。
そのマンゴーを「有機質」の肥料で育てている農家「清水農園」さんです。

IMG_8112.jpg
ハウスの中に入ると、湿度と温度でまるで別世界です。
そりゃあそのはず、マンゴーはペルーのアマゾンが原産ですからね。
こちらの農園では、「ポット栽培」でマンゴーを育てています。

IMG_8115.jpg
熟してくると、色が変わって真っ赤になるんです。
そこで、直接地面に落ちて「実」がつぶれないようにネットをかけ、そこに自然に落ちるのを待ちます。
自然にポトリと落ちたものが「完熟」と言うわけなんですね。
もうこれでもおいしそうなんですけれど・・・・・

IMG_8116.jpg
案内してくださる清水さん。(写真左)
話を聞くと、相当手間をかけて大事に育てている様子。
だからおいしいんですねえ。

IMG_8118.jpg
こちらはまだ小さいマンゴーのポット。
これから次第に育っていくそうです。

IMG_8121.jpg
待っていました、「試食タイム」。
かぶりついちゃうもんね〜〜〜〜。猫
あ〜〜〜〜おいしい〜〜〜〜。と、幸せそうな支配人。わーい(嬉しい顔)

私たちはペルーに時々行くので、現地の本当においしいマンゴーを今までたくさん食べてきました。
しかし、こちらのマンゴーはそれに勝るとも劣らないおいしさです。ぴかぴか(新しい)
でも、まあ値段がかなり違いますけれど・・・・
ペルーでは市場で山住されて売っていますからね、このレベルのマンゴーが。
改めてアンデスの食の豊かさに感心してしまいました。猫

今日は案内してくださった清水さん、どうもありがとうございます。
日向の支配人の両親にも、お土産として買っていきまっしょうね。るんるん
でも、たぶん半分くらいは私たちが食べてしまうことになるような予感がしますが・・・・・モバQ
posted by 料理長 at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44484060
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック