2007年07月07日

金沢研修旅行(1)

7月5日〜6日は、タンボロッジをお休みして、「金沢研修旅行」に出かけました。
メンバーは、タンボロッジのスタッフ2人と、このブログにも時々登場する那須の穀物菜食レストラン「こと葉」の森さんです。

朝早くにタンボロッジを出発し、お昼に金沢に到着しました。
今回の目的は、オリーブ油「オルチョサンニータ」の朝倉さんから紹介していただいた、自然食のレストランや「コーフー」(植物性グルテン)を広めている「山本さん」を訪ねることでした。

まずはお昼ですので、金沢の街中にある自然食レストラン「市中」(いちなか)さんでお昼を食べることになりました。

P7050467-1.jpg
自宅を改造した、こじんまりとしたレストランです。自然住宅で建てられていて、建築の素材も自然のものばかりを使っています。
大変心地よい空間に感激です。

P7050444-1.jpg
まずはオードブルです。
今回は「コーフー」の山本さんの計らいで、「コーフーを使ったベジタリアンコース料理」の豪華なお昼でした。
まず手始めは、「コーフーのカルパッチョ」。
さすがはフレンチのきれいな盛り付けですね。
赤く四角いものは、マッシュトマトの寒天固め。そして、お肉のようなものが、下味をつけたコーフーです。そのコーフーの間には、赤と黄色のパプリカがはさんでありました。すばらしいexclamation×2
コーフーがこれほどおいしいとは、驚きでした。
これならタンボロッジのアンデス精進料理にも十分使えます。
ハナから収穫ありですよ。

P7050451-1.jpg
こちらは「コーフー」と温野菜と夏野菜のサラダです。
なんと、ミニトマトまで「湯剥き」されています。
すごい細やかさにびっくり。ひらめき

P7050455-1.jpg
いつものように、スープをおいしそうに飲む支配人です。
おいしいね〜〜わーい(嬉しい顔)

P7050460-1.jpg
いよいよメインです。
「コーフーの揚げ物、じゃが芋ときのこのソテー添え」。
こちらもなんともいえないおいしさです。
コーフーって、本当は何も味がしないそうです。それを、それぞれの料理に合うように、スープと煮込んで下味をつけるんですね。じっくり煮込んで、味をしみこませるそうです。

つまり、しみこませるスープを色々とアレンジすることにより、使える料理の幅がかなり広がることを意味しています。
これは「肉」なんかより、いろんなことが出来るぞ〜〜わーい(嬉しい顔)

P7050461-1.jpg
最後はマクロビ・スイーツです。
茶色いのが「チョコレートのムース」、白いのが「バナナアイス」。
どれもとってもおいしくいただきました。

それにしても、「コーフー」との出会い、すばらしかったです。
「山本先生」ありがとうございます。揺れるハート
感謝感激です。

この続きはまた明日。

オーガニックフレンチレストラン「市中」(いちなか)データー

〒921−8151
石川県金沢市窪4丁目560−2
電話&FAX・・076−244−0023
定休日・・日曜日
営業時間・・11:30〜14:30&18:00〜21:00(ラストオーダー)
この記事へのコメント
「コ−フ−」って英語ですか?
マクロビの詳しいことはなんにも知らないので音の抜けかたが
「と〜ふ〜」ってあのラッパの音に聞こえてしまいますねえ。

グルテンは小麦アレルギーの方にも大丈夫なものなんですか?
Posted by ミファソ♪ at 2007年07月08日 14:51
さーあー?英語かどうかわかりません。
すいませんでした。

小麦のたんぱく質なので、当然小麦アレルギーの人は無理だと思います。
Posted by 料理長 at 2007年07月08日 18:31
こんちわん\(^o^)/

コーフーはコウ麩ってどっかで見ましたけどね〜。

麩かなぁ、自信なしです(笑)

ワタシは肉よりコーフーのほうがスキです。
大量に作って冷凍庫に保存してます。

売られてるパック入りのあのちょっとグロテスクなコーフーは一瞬考えます。
知ってますか?

コーフーは水と粉が命ですよ☆
Posted by ゆき at 2007年07月09日 16:24
ゆきさん、こんにちは。
「コウ麩」って、本当にそう書くらしいですよ。さすが〜〜!

私ももちろん、肉なんかより、コーフーのほうがずっと好みです。
今回は、そのコーフーをなんと、2,5kgも買ってきたんです。
昨日下味付けをして、半分は脱気殺菌して瓶詰めに、残りの半分は冷凍しました。
これから色々とコーフーを使った料理を実験的に作ってみたいと思いますが・・・いきなりお客様に出すかもしれません。
きっとうまくいきますよ。・・と思っています。

ゆきさんは、「大量に作って」というから、小麦粉から作っているんですか?
すご〜〜い!
私の先を行っていますね。
こうなったら、こちらも挑戦して見ます。たむら農園の「無農薬、無施肥」の小麦粉で・・・(そのうちね)
Posted by 料理長 at 2007年07月09日 22:29
ん!!!

2.5キロを買ったと!!!
(゜ロ゜;)エェッ!?

取り寄せですか?
パックの?(笑)

扱いにくいことはないのでぜったい上手くいくと思います☆

はい♪コーフーは手作りです。
やっぱり味が違います。
グルテン粉っていうのを買って作るんです。

でも以前製粉した粉を練ってグルテンだけ取り出して蒸したんですけど、その時は準強力粉だったからほっとんど膨らまなかったんです。

自然栽培の強力粉を未ださがしております(笑)
たむら農園ちゃんから強力粉でないかな〜〜〜。
Posted by ゆき at 2007年07月10日 09:14
2.5kgって、すごい量でした。
今回の金沢の山本先生が企画され、作って商品化した「ピカイチ」のコーフーを分けていただいたんです。

確かに見た目はグロテスクだけれど、使ってみると、なんだか硬い「ゆば」のようですね。
下味のつけようによっては、肉にも魚にもなりそうです。

ところで、実は私もグルテン粉から作ることは以前一度だけやったことがあります。
でも、あまりおいしくなかったんで、「どうせなんちゃって肉さ」なんて馬鹿にしていた所があって、今までほとんど「コーフー」は使ってきませんでした。

でも、今回の「コーフー」は、本当においしいです。

でも、今度田村農園の無農薬無施肥の小麦粉(全粒)で挑戦して見ますね。
この小麦粉は「準強力粉」で、国産の中ではグルテンが多い種類になるんですから。

ふわふわの食パンが焼けるほどグルテンが多い強力粉はアメリカやカナダの「北米」産しかありません。
日本では作れないそうですよ。
Posted by 料理長 at 2007年07月10日 21:44
料理長さまへ
わたしはグルテン粉から何回もコー麩作っていましたけれど山本先生のところの生コー麩は別物ですよん。ぜんぜん美味しさが違います。下処理の仕方や料理への展開次第ですが子供もばくばく食べるそうです。

また手作り意欲がむくむくかも知れませんがどんなに凝った小麦粉で作っても多分先生のところのそれを越えることは出来ないんじゃないかなあ〜なんて思います。失礼!

それよりもいろんな料理に発展させる事に情熱を燃やして頂きたいとこころから願うおばちゃんです。タンボロッジさんちのコー麩尽くしの精進アンデス料理がいつの日か完成されることを楽しみにしてま〜す。
Posted by 慎ちゃんママ at 2007年07月11日 20:34
慎ちゃんママ さん、コメントをありがとうございます。
本当にこの山本先生のコーフー、おいしかったです。
もちろんこれから、このコーフーを使って、色々と料理を作っていこうと思っています。

でも、一度は小麦粉からすべて手作りでやってみたいとも思いました。
多分そんなにうまくいかないかもしれないけれど、何事もどういう風に作るのかを知っておきたいと言う気持ちもあるんです。
一度だけやってみたというのは、グルテン粉からだったので、それが悔しいものですから・・・ね。
Posted by 料理長 at 2007年07月11日 22:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4624075
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック