2011年08月11日

ペルー風コロッケ

「じゃが芋」の原産地であるペルーにも、もちろん「コロッケ」があります。
が、しかし、「パン粉」を付けません。がく〜(落胆した顔)
でいながら、とてもおいしいです。手(グー)
ではどうやって作るんでしょうか?。
今日はそのレシピを紹介しましょう。

IMG_8713.jpg
写真で見ると、ほとんど「普通のコロッケ」というか、「さつま揚げ」のような感じですが、揚げたては「カリッ」としていて、とてもおいしいんですよ。

レストランでは、レシピをどうぞ。

★材料(4〜5人分)
じゃが芋(中)・・・4〜5個
玉葱(小)・・・1個
オリーブ油・・・少々
自然塩・・・少々
片栗粉、または小麦粉・・・大さじ4くらい
揚げるための油・・・適宜

作り方
(1)じゃが芋は皮を剥き、塩ゆでする。
(2)じゃが芋を裏ごしする。
(3)玉ねぎをみじん切りにして、フライパンにオリーブ油をいれ、塩も入れ、中火でいためる。
(4)2と3をボールに入れて良く混ぜ、塩味を整える。
(5)片栗粉、または小麦粉を入れて良くこねる。
(6)5をボール状に丸めて180℃の油で揚げる。

☆ペルーでは「パパ・レジェーナ」と言います。
 レジェーナとは、詰め物という意味ですので、コロッケの中心に何かを入れるのが本来のペルー式です。
 肉もどきや黒オリーブやコーンなど、色々と工夫しましょう。

☆衣がないので、「片栗粉または小麦粉」を練りこんで揚げるんです。
 入れないと、油の中でマッシュしたじゃが芋がばらばらに分解してしまいます。
☆油は十分に余熱してから揚げましょう。
 低い温度の時に入れると、同じくマッシュしたじゃが芋が油の中で分解してしまいます。

ではでは、じゃが芋の季節に、「パン粉」なしのあっさりしたコロッケを楽しんでくださいね。わーい(嬉しい顔)
posted by 料理長 at 10:17| Comment(2) | TrackBack(0) | マクロ料理レシピ集
この記事へのコメント
北海道のいも団子みたいですね〜^^
とっても美味しそう〜!!
Posted by mame at 2011年08月11日 17:28
mame さん、コメントをありがとうございます。
北海道の「芋団子」ほどもちもちしていませんが、とてもおいしいですよ〜〜〜!。
Posted by 料理長 at 2011年08月13日 13:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47311743
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック